アンジェリーナ・ジョリーが主演する殺し屋映画の続編「ウォンテッド2」の撮影が晩秋からスタート!!と、ロシア国営通信社が配信!!

ウォンテッド-アンジェリーナ・ジョリー-1
ロシアの“国営”が配信してるニュースですから、事実と思っていいんでしょうか…?! → 


ロシア映画のダークファンタジーの大傑作「ナイトウォッチ」シリーズのティムール・ベクマンベトフ監督がハリウッド進出し、映画マニアの中だけのカリスマ監督としてのレアな存在から、一般にも広く知られるキッカケとなったアンジェリーナ・ジョリー主演の大ヒット殺し屋映画「ウォンテッド」(2008年)の続編について、ロシアの国営通信社ノーボスチ・ロシアニュースを配信しました!!
ノーボスチ・ロシア通信社の取材に応じ、ティムール・ベクマンベトフ監督が語ったところによれば、「ウォンテッド2」の本格的な撮影準備を来月7月から開始し、実際の撮影は晩秋か、今年年内の冬にもクランクインする…ッ!!とのことで、アメリカ、ロシアはもとより、インドでも撮影を行なう予定だそうです。
前作をご覧になった方には少し腑に落ちないかもしれませんが、主演は引き続き、アンジェリーナ・ジョリーがつとめる模様で、これもまた納得できないかもしれませんが、コンスタンチン・ハベンスキーも再び出演する見込みだ…と、ティムール・ベクマンベトフ監督は明かしています。コンスタンチン・ハベンスキー…??と言われてもピンとこない方もいるかもしれませんが、前作で例の“風呂”(観てない方のために詳しく書きません)を管理していたキャラクターを演じていた俳優で、前述の「ナイトウォッチ」シリーズの主演俳優として、ティムール・ベクマンベトフ監督の映画には欠かせないロシアのスターですね。さらにティムール・ベクマンベトフ監督によれば、続編「ウォンテッド2」の製作費は、前作(製作費約7,500万ドル)の2倍の約1億5千万ドルの予算の見積もりが立てられているそうです。
「ウォンテッド2」に関しては、今年4月にココで、ディズニーのDVDのオリジナル・アニメの「くまのプーさん」シリーズなどのシナリオを手がけているエヴァン・スピリオトポウロスが、新たに脚本家として起用された…というニュースをお伝えしましたが、来月から製作準備に入れるということは、エヴァン・スピリオトポウロスの脚本の執筆速度が極めて早く、内容の進展も順調だ…ということになります。
果たして、このロシア国営通信社が伝えたニュースをどこまで信じていいものか?!、少し疑問がよぎるのですが、報道通りであるなら、アンジェリーナ・ジョリーが再び登場し、大幅にスケールアップする「ウォンテッド2」は、間違いなく楽しみな作品だと言えます。
「ウォンテッド」シリーズを製作・配給しているユニバーサル映画を取材したアメリカ発の確認ニュースが伝えられるのを、今しばらく待ちましょう…ッ!!
ウォンテッド-アンジェリーナ・ジョリー-2
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!