最新作「アイアンマン2」のミッキー・ロークが凶悪な外道ウィップラッシュのコスチュームを身につけ初登場!!の写真を大公開!!

アイアンマン2-ミッキー・ローク-ウィップラッシュ-トップ
出演料値上げかけひきとして、一時は降板もほのめかしていたミッキー・ロークですが、ついにアイアンマンの強敵として、カメラの前にその姿を現しました…ッ!! → 


アイアンマン2-ミッキー・ローク-ウィップラッシュ
今年2009年最初のビッグ・ニュースとして、プロレス馬鹿の感動映画「ザ・レスラー」(今週末13日公開!!)で奇跡の復活を果たした80年代のスーパースター、ミッキー・ロークが、昨年の大ヒット作の続編「アイアンマン2」に登場し、ロバート・ダウニー・Jrのアイアンマンと対決することになった…ッ!!という記事をアップした1月初めの時点では、ミッキー・ロークの演じる悪役が、クリムゾン・ダイナモなのか?!、それともウィップラッシュか?!、ソースにより意見が分かれていました。
で、どちらが正解だったのか?!と言うと、USAトゥデイが初公開した上 ↑ の写真のミッキー・ロークのコスチュームと、下 ↓ の原作コミックに登場するキャラクターを見比べてもらえば一目瞭然!!、答えはウィップラッシュでした…!!
が、しかし、オリジナルのウィップラッシュは、アイアンマンことトニー・スタークの経営する軍需企業の兵器開発者マーク・スカロッティが変身するという設定なのに、ミッキー・ロークが演じているのは、本当ならばクリムゾン・ダイナモに変身するロシア人のイワン・ヴァンコです。なので、分かれていた意見は、実はどちらも正しく、「アイアンマン2」でのミッキー・ロークの役どころはクリムゾン・ダイナモと、ウィップラッシュを足したものだった…!!と、ようやく確認できましたね。
下 ↓ のオリジナルのウィップラッシュには見当たらない、アイアンマンの生命維持装置でパワーの源であるアーク・リアクターのようなものを、ミッキー・ロークも胸に付けているあたりが、そうした2つのキャラを合成した折衷の表れなのかもしれませんが、本シリーズでは監督をつとめているお笑い芸人のジョン・ファヴローによれば、ミッキー・ロークのウィップラッシュのパワードスーツ?!には、アイアンマンと同じテクノロジーが流用されているそうで、そのヒントに物語の展開のカギが秘められているようです…。
なお、上 ↑ の写真では、全体が写っていないので、よくわかりませんが、USAトゥデイによれば、F1モナコ・グランプリのプレ・イベントとして行われるヒストリック・カーのレース、モナコ・ヒストリック・グランプリにウィップラッシュが乱入したようで、ミッキー・ロークは両手にトレードマークの武器となるムチを持っています。
恐らく胸のアーク・リアクターのような装置から、ムチにパワーが送られ、強力な破壊力を生み出すことになるんでしょうね…!!
アイアンマン-ウィップラッシュ
ところで、以前にココで紹介したように、「ザ・レスラー」で今年のアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた名優?!らしく、ロシアの刑務所を訪問するなど、このウィップラッシュの役作りに取り組んでいたミッキー・ロークですが、先ごろ、ガーディアンのインタビューに応じて語ったところによれば、ロシアの囚人イワン・ヴァンコになりきるため、毎日3時間のロシア語学習の特訓を行ったそうです。
しかし、最初の2週間で覚えられたのは、たった4つの短いセンテンスだけだったで、語学の習得にはかなり苦労し、ロシア語は英語のネイティヴには極めて発音が難しいよ…と、ミッキー・ロークは泣き言をこぼしています。
また、ウィップラッシュのコスチュームは見た目に半裸なので、軽快そうに見えますが、約10キロの重さがあるそうで、この衣装を身につけ、アクション・スタントを演じるのは、意外に大変なようです…!!
「アイアンマン2」では、ミッキー・ロークの他にも、スカーレット・ヨハンソンが女刺客のブラックウィドウとして登場しますが、スカージョがどのようなセクシー・コスチュームで悩殺してくれるのか?!も楽しみですね。
ジョン・ファヴロー監督によれば、スカーレット・ヨハンソンのキャラクター、ナターシャ・ロマノフは最初、ロバート・ダウニー・Jrの味方として、スターク・インダストリーに入社し、彼の手足となるそうですが、途中で悪女ブラックウィドウの正体を現し、アイアンマンを裏切るそうです…!!、もしかして、トニー・スタークに思いをよせる秘書ペッパーを演じるグゥイネス・パルトローとのキャット・ファイトも観られるんでしょうか…?!
パラマウント映画が製作する期待のシリーズ最新作「アイアンマン2」は来年2010年5月7日全米公開の予定です…!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!