黒澤明監督と三船敏郎の名作「用心棒」をコミック・アートでリ・デザインした新作ポスター!!

黒澤明-用心棒-トップ
豪快に笑っているサムライはもちろん三船敏郎…!!ノッポな鐘つき塔てっぺんに座っているので、タテに長~いポスターです!!
続きを読むをクリックして、全体をご覧ください…!! → 


黒澤明-用心棒-コミック・ポスター
マカロニ・ウエスタンの巨匠セルジオ・レオーネ監督が勝手に「荒野の用心棒(A Fistful of Dollars)」(1964年)としてリメイクし、主演したクリント・イーストウッドがスターダムにのし上がるきっかけとなった作品としても知られている、黒澤明監督が息の合う三船敏郎の魅力を存分に引き出した痛快アクション時代劇「用心棒」(1961年)の世界を、コミック・アートで表現し、リ・デザインしたポスターです!!
描いたアーティストは、2039年のゴッサムシティを舞台にして「バットマン」を近未来ものにしてしまった「バットマン:イヤー100」などで知られるアイズナー賞受賞のコミック作家ポール・ポープですが、この人はキャリアの出発点が講談社勤めだったので、日本には造詣が深いゆかりから、このポスターを製作したようです。
このままポール・ポープのキャラクター・デザインでアニメ化してほしいような「用心棒」のポスターが気に入った方は、「ダイ・ハード」シリーズの第1作め(1988年)で、ブルース・ウィリスのカミさんのボニー・ベデリアが勤めていた、ココのナカトミ商事で買い求めることができます。Tシャツもあります。ま、ナカトミの社名はそのように「ダイ・ハード」からヒントをもらったんでしょうね。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告