沈没映画「ターミネーター4」が、ついにアーノルド・シュワルツェネッガーの登場場面を公開!!、蘇ったターミネーターの姿をご覧ください!!

ターミネーター-アーノルド・シュワルツェネッガー
このままでは大赤字でシリーズが終わってしまうため掟破りに出たようです…ッ!! → 


http://www.traileraddict.com/emd/11468
アーノルド・シュワルツェネッガー抜きで「ターミネーター」を作るバカはいない…”と言ったシリーズの生みの親ジェームズ・キャメロン監督の過去の言葉が取り上げられ、そのバカとして笑い者になっている「ターミネーター4/サルベーション」が、実は出てくるアーノルド・シュワルツェネッガーの登場場面を、なんとテレビスポットCMにして大胆にも全米のお茶の間に公開してしまいました…ッ!!
本来なら封切りのオープニングの週末だけで稼ぎたかった興行収入1億ドルを、先月5月21日の全米公開から今だ達成できていない本作は、このままではどう見積もっても、2億ドル以上を費やした製作費回収のメドは立たず、早くもシリーズは風前の灯火で、次の「T5」、「T6」など、とても、あり得そうに思えません…。
そのようにコケつつある沈没映画の本作が、観客からソッポを向かれている最大の理由は、アーノルド・シュワルツェネッガーのターミネーターが出てこない…と思われていることであり、そうした誤解を払拭し、いえいえ、アーノルド・シュワルツェネッガーのターミネーターもちゃんと出てくるんですよ…ッ!!とアピールする強い必要性に、北米配給のワーナー・ブラザースは迫られたのだと思われます。
と言っても、まぁ、アーノルド・シュワルツェネッガーの登場はクライマックスだけで、しかも、シュワルツェネッガーのソックリさんタレントであるボディビルダーのローランド・キッキンジャーの肉体に、CGのシュワルツェネッガーの顔をインプラントしただけで、まったく本人ではありませんが…。
いずれにしろ、これで、アッ、シュワ、出てんじゃんッ!!と気づいてもらえ、この週末は少し客足が増すことになればよいのですが、しかし、映画の内容が矛盾だらけで、まるでつまらない…という、すでに広まりきってしまった悪評を拭い去ることは難しそうです…。
今年2009年のダメ映画№1にほとんど決定済みの「ターミネーター4」は、日本では明日6日(土)、7日(日)の先行上映後、翌週13日(土)から本公開です…!!
これで「ターミネーター」シリーズも見収め…?!と半ば覚悟を決め、思い残すことのないよう、映画館にお出かけになる方がいいでしょう…。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告