あの「キル・ビル」のビルが自殺?!、名優デヴィッド・キャラダイン72歳の遺体がタイのホテルで見つかる!!

デヴィッド・キャラダイン
イギリスBBCニュースや、CNNなどが一斉に報じたところによれば、つい最近もジェイソン・ステイサム主演の「アドレナリン2/ハイボルテージ」(2009年)や、自身の主演作のリメイクである「デス・レース」(2008年)などに出演し、活躍していた名優デヴィッド・キャラダインが…、 → 


新作映画「ストレッチ」(Stretch)の撮影のため滞在していたタイ・バンコクのスイソテル・ナイラートパーク・ホテルの自室で、おとつい3日(水曜日)に、首と体にコードのようなものを巻きつけ、クローゼットの中で死んでいるのを、部屋を訪れたメイドにより発見されたそうです。
タイの現地新聞によれば、デヴィッド・キャラダインは自殺した…と報じられていますが、首以外の体の部位にもコードのようなものが巻きついていたこともあり、死の状況が詳しく知らされていないため、一部には何らかの事件に巻き込まれたのでは…?!といった憶測報道も飛び出しています。
このデヴィッド・キャラダインの死亡は、現地アメリカ大使館の職員も確認しており、死亡の事実に間違いはありませんが、同大使館では、遺族のプライバシーを配慮し、デヴィッド・キャラダインの死因などについては一切、言及していません。
デヴィッド・キャラダインの突然の死を受け、故人のマネージャーをつとめていたチャック・ビンダー氏は、“大変、ショックだ…”と心情を語り、“デヴィッド・キャラダインは充実した人生を過ごした…、彼は常に仕事に前向きで、真に偉大な人物だった…”と、ゴシップ・メディアのピープルでコメントを発表しています。
名優ジョン・キャラダインの息子として1936年に生まれたデヴィッド・キャラダインは、それぞれ俳優のキースロバートら異母兄弟と共に俳優一家キャラダイン家のひとりとして人気を博し、多数の映画やテレビドラマに出演しましたが、代表作は何と言っても、強引にアジア系の主人公になりきって、カンフーの達人を演じ、1970年代に一世を風靡したテレビ・シリーズ「燃えよ! カンフー」を、誰もが思い出さざるを得ないでしょう…。また、近年はクエンティン・タランティーノ監督の傑作「キル・ビル」(2003年)のタイトル・ロールであるビルとして、デヴィッド・キャラダインは再び映画ファンからの根強い支持を集めていました。享年は72歳でした。
果たして、2004年頃から自殺の衝動に悩まされていたらしいデヴィッド・キャラダインが、ついに自殺を遂げてしまったのか?!、今後、死の理由が様々に詮索される可能性もあるでしょうが、俳優として確固たる足跡を遺した故人には、ただ安らかに眠ってほしいと願います…。合掌。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告