20世紀FOXが「エイリアン」の新作リメイクの製作を正式に決定!!、今年末にも撮影開始!!と、トニー・スコット監督が公式発表!!

エイリアン-シガニー・ウィーバー
おとついの木曜日(28日)にお伝えした、20世紀FOXエイリアンのリメイク映画を製作!!仰天ニュースですが、一部始終すべて事実で間違いありませんでした…ッ!! → 


20世紀FOXが自社の代表作であるSF映画の金字塔「エイリアン」(1979年)をリメイクする!!という、BLOODY DISGUSTING.COM が報じた、ちょっとにわかには信じがたいスクープが、一切合財あますところなく事実であったことが、映画サイト COLLIDER の取材により確認されました!!
1974年の傑作同名サスペンス映画をソニー・ピクチャーズがリメイクした最新作「サブウェイ・パニック」(日本9月4日公開)が、アメリカでは今日となる29日(金)に行った記者会見の終了後、同映画の監督であり、「エイリアン」を作ったリドリー・スコット監督の弟であるトニー・スコットに駆け寄った COLLIDER のライター、スティーヴ・ワイントローブが、「エイリアン」リメイク報道の真偽について尋ねたところ、新「エイリアン」のプロデューサーのひとりとして伝えられたトニー・スコット監督は、すべて事実だ…と、スクープの内容を全面的に認めました!!
ただし、新「エイリアン」をリメイク映画ではなく、前日譚のプリクエール作品と呼んでいるトニー・スコット監督は…、
「とてもエキサイトしている。兄のリドリーが作った『エイリアン』を、私たちのファミリーのひとりであるカール・リンシュが復活させるんだ…」
…と、質問をぶつけてきたスティーヴに語り、スコット監督兄弟の製作会社RSAに所属するCMディレクター、カール・リンシュが、新「エイリアン」のメガホンをとり、映画監督デビューすることも認めました!!
また、「20世紀FOXはヘボい映画ばかり作っている頭デッカチのクソッタレな映画会社ですが、新『エイリアン』は20世紀FOXではなく、製作総指揮のリドリー・スコット監督とあなたが、映画の内容をコントロールしてくれるのですか?!」というスティーヴの質問に対し、トニー・スコット監督は、「もちろんだよ!!」と請け負い、「でも、ま、何はともあれ、20世紀FOXは私たちのプロダクションに出資しているスポンサーだから…」と付け足しています。
そして、実際のところ、新「エイリアン」の撮影はいつ頃、始まりそうか?!という気になる質問に、なんとトニー・スコット監督は、「できれば、今年末にはスタートしたい…」と、すでにかなり新「エイリアン」の準備が水面下で進められていたことを示唆しました!!、しかし、公開日については未定…とのことなので、製作スケジュールなどは変更の可能性もあるでしょうが、順調に進めば、来年2010年末か?!、2011年の夏には復活した新「エイリアン」が観られることになりそうです!!、シガーニー・ウィーバーに代わる新ヒロインは誰になるのか?!、注目のキャスティング・ニュースなども、そう遠くない日に伝えられそうですね!!、新「エイリアン」の今後の続報にも乞うご期待です!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!