「プリズン・ブレイク」のウェントワース・ミラーが、人気ゲームの映画化「バイオショック」に主演?!、刑務所の次は海底都市からの脱出?!

ウェントワース・ミラー-バイオショック
バイオショックは製作中止の保留処分になったはずなのですが…
   → 


パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのゴア・ヴァービンスキー監督が、その「パイレーツ」の新作第4弾を蹴ってまで進めていた同名人気ゲームの映画化「バイオショック」が、予算の高騰(見積もりは1億6千万ドル)により収益の上がる可能性が低い…と、製作のユニバーサル映画から判断され、プロジェクトが一旦中止になり、見直しを計ることになった…というニュースを先月4月末にお届けしました。
それが突然、その「バイオショック」に、人気テレビ・シリーズ「プリズン・ブレイク」の主人公としてIQ200の天才エスケープ・アーティスト、マイケルを演じたウェントワース・ミラーが主演するのでは…?!というウワサが持ち上がっています。
2005年からスタートした「プリズン・ブレイク」はついに今月、シーズン4がフィナーレを迎え、シリーズは完全に終了の打ち切りとなってしまったのですが、ウェントワース・ミラーの twitter のつぶやきによれば…
“「プリズン・ブレイクは終わってしまうけれど次の仕事があるよ
ヒントは…ひと言バイオショック

…とのことで、この意味深なつぶやきが波紋を呼び、「プリズン・ブレイク」終了で自由な時間が増えたウェントワース・ミラーがいよいよ本格的に映画に進出し、「バイオショック」に主演するのか?!、それとも、単に本人が「バイオショック」への出演を希望しているだけなのか!?、あるいは「ステルス」(2005年)で戦闘機役だったように、声優をつとめるのか?!と、様々な憶測を呼んでいます。
製作費を縮小しなければならない「バイオショック」としては、テレビ俳優として高い知名度を持ちながら、映画スターよりは安いギャラで使えそうなウェントワース・ミラーは、主人公のジャック役に打ってつけな感じですが、しかし、問題なのは、ウェントワース・ミラーの twitter のアカウントが、本当にウェントワース・ミラー本人のものなのか?!、確認が現時点では取れていない…ということです。
twitter や、マイ・スペースといったネットのコミュニティでは、有名人やセレブの名を語り、勝手に本人になりきっている人たちが呆れるほど大勢いて、その見極めはとてもむずかしくなってきています…。
ネット社会で誰でもカンタンに情報を発信することができるようになり、その結果、おびただしくデマが飛び交い、映画ニュースもひどい嘘が、さも真実のように伝えられたりしているのは、ご承知の通りでしょう。
この“ウェントワース・ミラー”を名乗る人?が、「バイオショック」に出演?!というニュースも、まずはそうした眉唾のひとつと考えておく方がよさそうですが、ウェントワース・ミラーを「バイオショック」に主演させるというアイディアは悪くなく、そのセンスのよさが注目を集めてしまったんでしょうね…。
「バイオショック」の映画化権取得に多額のお金を費やしたユニバーサル映画は、それを取り返すため、ぜがひでも「バイオショック」の映画を作らなければならないはずなので、いずれ続報があると思いますが、そこにウェントワース・ミラーの名前が見られるか?!、楽しみにしておくことにしましょう…!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告