ジェームズ・キャメロン監督のSF超大作「アバター」に登場するガンダムを撮らえたスパイ・フォト?!

ジェームズ・キャメロン-アバター-トップ
前人未到大ヒット作タイタニック」(1997年)以来約12年ぶりジェームズ・キャメロン監督が発表する最新作に登場するらしいモビルスーツ?!の写真です…!! → 


ジェームズ・キャメロン-アバター
長距離トラックの運転手から映画監督に転進したジェームズ・キャメロン監督が、これまでに誰も観たことがない3-D映像の革命を成し遂げるため、膨大な製作費をつぎ込み、極秘製作している最新SFアクション映画「アバター」に登場するパワードスーツの片鱗として、3-D映画の専門サイト、Marketsaw が独自の信頼筋から入手し、公開した写真です。
Marketsaw は、この思わせぶりで出し惜しみなトリミングの施された写真は、間違いなく「アバター」のセットで撮影されたものだ…と主張していますが、同映画を製作し、配給する20世紀FOXからリリースされていない以上、絶対に「アバター」の写真だとは、現時点では言い切れません…。
しかしながら、ジェームズ・キャメロン監督が「エイリアン2」(1986年)で、こうしたパワードスーツを登場させていたのはご承知の通りで、また、未完のデビュー作となったインディーズのSF短編「ゼノジェネシス」(1978年)でも、パワードスーツの原型のようなメカに、ヒロインを搭乗させていました…!!
そのようにパワードスーツに並々ならぬ関心を寄せているジェームズ・キャメロン監督だけに、人類が他の惑星に資源採掘に赴く物語である「アバター」に、こうしたメカが出てきても何の不思議もなく、むしろ当然のように思われます。
およそ14フィート=約4.3メートルの身長らしい、このパワードスーツが「アバター」に登場するのか?!、それが確認できるかもしれない予告編などの映像は、今夏7月に行われるサンディエゴ・コミック・コンで初公開されるものと予想されています。パワードスーツの上半身がどうなっているのか?!、その全貌を観るのが楽しみですね!!
アバター-サム・ワーシントン-ジェームズ・キャメロン
ジェームズ・キャメロン監督(↑)最新作のSF超大作「アバター」は、新発見の惑星に資源採掘に訪れた人類が、その星の先住民である原始的なエイリアンの種族ナヴィを支配するため、遺伝子操作でナヴィの化身=アバターを作り出し…。
といった内容で、主演は、ハリウッドでの本格的なデビュー作「ターミネーター4/サルベーション」(6月13日公開)がコケてしまい、出鼻をくじかれたオーストラリアの俳優サム・ワーシントン(↑)と、その「T4」とは正反対に、オバマ大統領も推薦し、今や国民映画?として全米大ヒットの新生「スター・トレック」(今週末29日公開)のゾーイ・サルダナです。共演者として、パワードスーツの操縦は得意なシガーニー・ウィーバーが免許皆伝のため?、出演しています。
この「アバター」は今年12月18日全米超拡大公開の予定で、日本も同じく12月に全国ロードショーです!!、ジェームズ・キャメロン監督が「タイタニック」で樹立した全米映画史上最大ヒットの興行記録、約6億ドルの途方もない自己ベストをまさか更新できるのか?!、注目が集まっています…ッ!!
http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2489889&pid=878762751
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告