並々ならぬ努力で映像を寄せ集め作ったDCコミックスのヒーロー映画「グリーンランタン」のマニア志向なフェイクの予告編!!

グリーンランタン
ワーナー・ブラザース2011年6月17日全米公開する予定DCコミックスヒーロー映画グリーンランタンはどんな作品になりそうか?!ひと足先にそのイメージのヴィジョンを示してくれた予告編です!!
  → 



007シリーズの「ゴールデンアイ」(1995年)と「カジノロワイヤル」(2006年)を手がけたマーティン・キャンベル監督のメガホンにより、来年2010年1月からオーストラリアで撮影をスタートすることが決定しているワーナー/DCコミックスのヒーロー映画の最新作「グリーンランタン」の予告編を、アメリカ・ダラスにお住まいのジャロンさんという26歳のビデオ編集者で、コミック・マニアと思われる方がいろんな映画の映像を寄せ集め、作ってみたオリジナルのファン・メイド・トレーラーです。
「グリーンランタン」の出演者については、今のところ確定しているのは、マーティン・キャンベル監督の嫁さんのソル・ロメロが、「カジノロワイヤル」でエキストラだったように、映画のどこかに端役で“映る”のが決まっている程度で…、つまりは何も決まっていない訳ですが、ジャロンさんがご自身のセンスで「グリーンランタン」の主演に選ばれたのは、ネイサン・フィリオンです。
ネイサン・フィリオンは…、「バフィー/恋する十字架」のクリエイターであり、「トイ・ストーリー」(1995年)のシナリオを書いたことでも有名なジョス・ウィードンが手がけたSFファンの間ではカルト人気のテレビ・シリーズ「ファイヤーフライ/宇宙大戦争」に主演していた俳優です。その「ファイヤーフライ/宇宙大戦争」の後日談を映画化した「セレニティー」(2005年)で、彼を観たことがある方もいるでしょうが、「ウェイトレス/おいしい人生のつくりかた」(2006年)で主人公のケリー・ラッセルとエッチしていたお医者さんだったでしょ!!という方が、あぁ、あの人かッ!!とピンとくる映画ファンの方は多いのでは?!
ワーナー・ブラザースが1億5,000万ドルの予算を計上している大作「グリーンランタン」に、SFオタクの間だけで人気のネイサン・フィリオンが主演に選ばれることは、まぁ、まずなさそうですが、ジャロンさんはマニア気質に則って、一部のコミック・ファンの間では待望されているネイサン・フィリオンの「グリーンランタン」を実現してくれた訳です!!
ジャロンさんが、このマニアックな「グリーンランタン」のフェイクの予告編を作る素材として、ネイザン・フィリオンが主演した「ファイアーフライ」と「セレニティー」の映像を使われたのは当然ですが、その他に、「PLANET OF THE APES 猿の惑星」(2001年)、「ファンタスティック・フォー:銀河の危機」(2007年)、「スターダスト」(2007年)、「ファウンテン/永遠に続く愛」(2006年)、「スター・ウォーズ エピソードⅢ/シスの復讐」(2005年)、「マトリックス レボリューションズ」(2003年)、「ドラゴンボール・エボリューション」(2009年)、「アイアンマン」(2008年)、「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」(2008年)、「ロード・オブ・ザ・リング」(2001年)、「スーパーマン・リターンズ」(2006年)、「コンタクト」(1997年)などの映像を抜粋してきた他、日本ではこれから公開される「スター・トレック」(今月末29日公開)、「ウィッチマウンテン/地図から消された山」(7月4日公開)や、「G.I.ジョー/ライズ・オブ・コブラ」(日米8月公開)の映像も使用し、さらになんと「仮面ライダー」まで使っているそうです!!、どの作品が映像が、どのカットなのか?!、ヒマな方は分析してみてください…ッ!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告