ダーク・ファンタジーの鬼才ティム・バートン監督が3-Dで蘇らせる最新作「不思議の国のアリス」のコンセプト・アート!!

不思議の国のアリス-ティム・バートン-ミア・ワシコウスカ
アリス穴をのぞきこんでいるのは、もちろん、白ウサギが遅刻せずに目的地にたどり着けたか?!その行方が気になるからでしょうね…!!
   → 


不思議の国のアリス-ティム・バートン-1
オーストラリア出身の新星ミア・ワシコウスカ(「ディファイアンス」2008年)が主人公のアリスに大抜擢された、ティム・バートン監督の最新作のディズニー映画「不思議の国のアリス」のコンセプト・アートです。
上 ↑ の場面はどうやら、三月ウサギの庭園で催されている有名なお茶会の場面に間違いないですね。下 ↓ のキノコの山?!をアリスがさ迷っている様子は、たぶんアリスの背が縮んでしまったシーンなのだと思います。
不思議の国のアリス-ティム・バートン-2
これらのコンセプト・アートは、ロシアの映画サイト FILMZ.RU が公開したもので、先ほど、ロシア映画「ブラック・ライトニング」を紹介した時にも書きましたが、ボクはロシア語がわからないので、出所がよくわかりません…。けれど、それぞれのコンセプト・アートに“JM”と、アーティストの名前らしきものが記されているところを見ると、作者は恐らく、本作のセット・デザイナー、ジェフ・マークウィズ(Jeff Markwith) ではないでしょうか?!、これらのコンセプト・アートの場面が完成した映画にちゃんと出て来るか?!、確認するのを楽しみにしておきましょう…!!
不思議の国のアリス-ティム・バートン-3
ティム・バートン監督の最新作「不思議の国のアリス」は述べるまでもなく、イギリスの作家ルイス・キャロルの有名な同名原作を映画化するもので、脚本を執筆したのは、「美女と野獣」(1991年)などディズニー・アニメのベテラン・ライター、リンダ・ウルバートンです。
不思議の国のアリス-ティム・バートン-4
ミア・ワシコウスカを引き立てる共演者は、赤の女王に「ターミネーター4」(6月13日公開)のヘレナ・ボナム=カーター、白の女王は「レイチェルの結婚」のアン・ハサウェイ、そして、いかれ帽子屋のマッド・ハッターは、ティム・バートン映画には欠かせないジョニー・デップです!!、てことは、上 ↑ のお茶会で右端に座っている帽子の人はジョニデってことですよね?!
不思議の国のアリス-ティム・バートン-5
ジェームズ・キャメロン監督から“そんな作り方では真の3-D映画と呼ぶに値しない…”とケチをつけられてしまったティム・バートン監督最新作の3-D映画「不思議の国のアリス」は、来年2010年3月5日全米公開の予定です!!
ココに撮影風景の写真があるので、見ていない方はご覧ください。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中