懐かしい昭和のボードゲーム「レーダー作戦ゲーム」を、「キングダム」のピーター・バーグ監督が映画化!!、要するに戦争映画を作る?!

バトルシップ-レーダー作戦ゲーム
いやぁパパ参っちゃったなぁ~!!なんて、呑気にレーダー作戦ゲームに興じるパパと息子後ろのキッチンでは、ママと娘は皿洗い…男が戦争している間女は家を守れという昔ながらの価値観がこんなところにも…
 →  


昨2008年の5月にココで、おもちゃメーカーのハスブロと提携するユニバーサル映画が、日本で言えば“コックリさん”の文字盤にあたるハスブロの商品「ウィジャボード」を映画化し、マイケル・ベイ監督の製作会社プラチナム・デューンズが実際の製作にあたることになった…というニュースをお伝えしました。
そのユニバーサル=ハスブロの提携企画では、他にリドリー・スコット監督によるボードゲーム「モノポリー」の映画化という、よくわからないプロジェクトもあるのですが、新たに、「キングダム/見えざる敵」(2007年)や、「ハンコック」(2008年)で知られるピーター・バーグ監督が、ハスブロのヒット商品であるボードゲームの「バトルシップ」を映画化することになった…と、業界メディアの THR が伝えています。
ハスブロの「バトルシップ」は、日本では俗に“軍艦ゲーム”とも呼ばれていますが、見出しのように「レーダー作戦ゲーム」の名称で、タカラが発売していました。
その「バトルシップ」=軍艦ゲームは、そもそもは20世紀の初め頃から、紙とエンピツを使って遊ばれていたゲームで、ふたりの対戦プレイヤーが、用意されたマス目に自分の戦艦を配置し、お互いが順番に攻撃と移動をくり返す中で、相手の戦艦の場所を推理し、破壊しあうという頭脳ゲームです。
それをどう映画化するのか?!、詳細はまだ不明ですが、ユニバーサル映画としては、要するに海戦をテーマにした戦争映画の大作を作りたいようです。
すでに脚本を、ココで紹介した、ケイト・ベッキンセール主演のスリラー映画「ホワイトアウト」(9月全米公開)の前評判が高い脚本家コンビのエリックとジョンのホーバー兄弟が執筆することが決まっています。
恐らく「レーダー作戦ゲーム」とは、かなり無関係な内容の映画になりそうな気もしますが、それを単に戦争映画の新作として発表し、作ってしまわず、有名なゲームの映画化ですよ…と、あえて言うことで、映画会社としてはゲームの知名度にあやかって宣伝がしやすかったり、おもちゃメーカーとしては商品が売れるなど、双方にビジネス・メリットが考えられることから、こうした少し無理の感じられる企画が立てられるんでしょうね。
いずれにしろ、ピーター・バーグ監督が「ハンコック」ではなく、「キングダム/見えざる敵」のトーンで、新しい戦争映画を作ってくれるなら、それはかなり期待のできる、おもしろい作品になりそうですが…!!
ところで、このブログではなく、twitter の方にチラリと書きましたが、「トワイライト・サーガ」のヴァンパイア、エドワードこと、ロバート・パティンソンが、ピーター・バーグ監督の自宅を訪れた…というニュースがありました。もしかして、ふたりは「レーダー作戦ゲーム」に興じていたんでしょうか…?!、ロバート・パティンソンの出演の可能性があるのかもしれませんね。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中