5月18日(月)の映画ニュース・ティドビッツ!!

リーアム・ニーソン-ジェニファー・コネリー
以前も、いろんな情報をひとまとめにアップしていたことがありますが、その日に伝えきれなかった映画ニュースをまた出来るだけ、ひとかじりでもお知らせしておこうと思います。まずは、上 ↑ の写真のおふたりですが…、 → 


ショーン・ペンがオスカーの主演男優賞を獲得した「ミルク」で、一緒にアカデミー賞脚本賞を受賞したダスティン・ランス・ブラックが映画監督デビューする「ホワッツ・ロング・ウィズ・ヴァージニア」に、リーアム・ニーソンジェニファー・コネリーの主演が決定しました。脚本はもちろん、ブラック自身が執筆し、「ミルク」のガス・ヴァン・サント監督が製作総指揮をつとめます。
ジェニファー・コネリーは16歳の息子を抱えた情緒障害気味の母親を演じ、リーアム・ニーソンは州議会の議員選挙に打って出る保安官の役。ジェニファー・コネリーはリーアム・ニーソンに思いを寄せていますが、息子が、リーアム・ニーソンの娘と交際を始めたことで、親同士の関係は微妙に…。
ミシガン州で今夏から撮影を開始する予定だそうです。
ケイト・ハドソン ケイト・ハドソンがお得意のラブコメの新作「アースバウンド」に主演決定!!、内容はよくわかりませんが、ケイト・ハドソンは男を警戒しているカタブツで皮肉屋で毒舌の女性を演じる模様です。
監督は、ケビン・ベーコンがロリコンの性犯罪暦のある男を演じたシリアスなドラマ映画「ザ・ウッズマン」で知られる女流のニコール・カッセル。
9月からカナダのモントリオールで撮影を開始する予定です。
ミラ・ジョヴォヴィッチ インクレディブル・ハルクVSフランケンシュタインのスリラー映画「ストーン」に、アリスの参戦が決定しました!!、ミラ・ジョヴォヴィッチは、放火犯のエドワード・ノートンの妻を演じ、ノートンが彼の保護監察官であるロバート・デ・ニーロを欺く心理ゲームの道具として、そのカラダを使われる予定です。
監督は、エドワート・ノートンがナオミ・ワッツと共演した恋愛映画「ザ・ペインテッド・ベール」(2006年)のジョン・カラン。ヌー・イメージが製作の本作はミシガン州ですでに撮影中です。
カミーラ・ベル アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたスサンネ・ビア監督のデンマーク映画「アフター・ウェディング」(2006年)を、「ターミネーター4」のハルシオン・カンパニーがリメイクする作品に、カミーラ・ベル(「紀元前1万年」2008年)と、トム・ウィルキンソン(「フィクサー」2007年)の出演が決定しました。監督は「氷の微笑2」(2006年)のマイケル・ケイトン=ジョーンズがつとめ、今秋から撮影を開始する予定です。
お話は、インドの孤児院で資金難に悩むソーシャル・ワーカーの青年が、突然、実業家で金持ちのオッサンから多額の寄付を申し出られ、金を受け取りに出かけたところ、オッサンの妻は自分の元恋人だった…ッ!!という訳で寄付の裏に込められた真意とは何なのか…?!
気になる方はオリジナルの「アフター・ウェディング」(↓予告編)のDVDが角川エンタテインメントから出ているので、レンタル屋さんで借りてご覧ください。
http://www.movieweb.com/v/VIti1Byyojmtwx
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中