「スラムドッグ$ミリオネア」の作者ヴィカス・スワラップのミステリー小説「シックス・サスペクツ」が映画化決定!!、監督はダニー・ボイル?!

ダニー・ボイル-ヴィカス・スワラップ
映画が大ヒットになれば、その原作者別の小説にすぐ目がつけられるのは当たり前…!!、という訳で、アカデミー賞8冠大ヒット作スラムドッグ$ミリオネア」(2008年)の原作者ヴィカス・スワラップ映画化第2弾が作られることになりました…!! → 


イギリスBBCフィルムは、ユアン・マクレガー主演の「マネートレーダー/銀行崩壊」(1998年)や、ロック歌手のジョン・ボン・ジョヴィが主演した「妻の恋人、夫の愛人」(1996年)などで知られるプロデューサーのポール・ラファエルと組み、ヴィカス・スワラップが昨2008年8月に出版したミステリー小説「シックス・サスペクツ」を映画化することに決定した…!!と、SCREENDAILY が伝えました。
ヴィカス・スワラップにとって2冊めの著書であり、“アガサ・クリスティーエルモア・レナード”といったふれ込みで紹介されている「シックス・サスペクツ」=“6人の容疑者”とは…、
シックス・サスペクツ-ヴィカス・スワラップ内務大臣のバカ息子で、プレイボーイのヴィッキーが別荘の農家でパーティーの最中、何者かに殺されてしまった…ッ!!
捜査にあたった警察は、そのパーティーが、ヴィッキーが7年前に犯した殺人が無罪になったことを祝福する傲慢な宴席だったことを知る。ヴィッキーは、首都の大都市ニューデリーのレストランのウエイトレス、ルビーが、彼に酌をするのを拒み、自分に逆らった…という些細な理由なだけで、彼女を無慈悲に殺したのだった…!!
パーティーに集った客のうち、6人が銃を隠し持っていたことを突き止めた警察は、各人の事情聴衆を開始するが、それぞれが様々な事情を抱えていて…。
…といった犯人探しのミステリーが、事件を調査するジャーナリストの視点から語られることになり、インドの裏社会で横行している殺人を請け負う殺し屋稼業の実態が描かれるそうです。
ザッとしたあらすじだけでも、過去と現在の時間が取り調べの中でリンクしていく…といった構成や、インドの富裕層と庶民層の貧富の差がテーマに取り上げられていそうな感じなどは、「スラムドッグ$ミリオネア」に通じる点が見受けられ、製作者らが柳の下の2匹めの犬を狙っていることは間違いありません。
さらに、脚本を依頼され、執筆しているのが、「トレインスポッティング」(1996年)、「普通じゃない」(1997年)、「ザ・ビーチ」(1999年)などで知られるジョン・ホッジで…と、おいおい、それ全部、ダニー・ボイル監督の映画で、ダニー・ボイルとコンビの人じゃんッ!!という訳で、「シックス・サスペクツ」の製作者らは最終的にダニー・ボイル監督を担ぎ出すつもりなのでは?!との憶測が飛び交っています…!!、作風が多彩なダニー・ボイル監督が、再びインドを舞台に同じ原作者の映画を作るか?!は疑問ですが、いずれにしろ、製作者らは「シックス・サスペクツ」をどうしても、第2の「スラムドッグ$ミリオネア」にしたいようですね。
この「シックス・サスペクツ」には、「スラムドッグ$ミリオネア」と同じ約1,500万ドルの製作費が用意されており、来年2010年にインドで撮影を行うことを目標にプロジェクトが進められているそうです。
果たして、ダニー・ボイル監督がメガホンをとるのか?!、それとも、誰かがダニー・ボイル監督の功績をまんまと引き継ごうとするのか?!、今後の展開が少し楽しみな企画として覚えておいてください。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中