ヴィゴ・モーテンセンが修羅の終末世界で息子を守りサバイバルする、コーマック・マッカーシー原作の「ザ・ロード」が遂に予告編を初公開!!

ザ・ロード-9
本来なら昨2008年11月26日全米公開で、オスカーの賞レースに参戦するはずが、ケイト・ウィンスレットがアカデミー賞主演女優賞に輝いた「朗読者」(6月19日公開)との自社作品同士のバッティングを避けた製作・配給のワインスタイン・カンパニーの判断で公開を先送りされてしまった傑作「ザ・ロード」が長い道のりを経て、やっと予告編をリリースしました!!、原作は、アカデミー賞作品賞を受賞した「ノー・カントリー」(2007年)のコーマック・マッカーシーです!!
   → 


http://www.traileraddict.com/emd/10979
エスクァイア・マガジンのトム・チャレラが、まだ5月半ばにも関わらず、“今年2009年の最も重要な映画!!”と、レビューで早くも本年度№1作品宣言をしてしまった「ザ・ロード」は、コーマック・マッカーシーが2006年に発表し、ピューリッツァー賞を受賞した同名文学を映画化した作品です。
その「ザ・ロード」の邦訳本を出版する早川書房の紹介によれば…、
空には暗雲がたれこめ気温は下がり続ける。目前には、廃墟と降り積もる灰に覆われた世界が……。父と子はならず者から逃れ、必死に南への道をたどる。世界は本当に終わってしまったのか? 荒れ果てた大陸を漂流する 父子の旅路を独自の筆致で描く巨匠渾身の長篇。
…とのことで、作者は明確な理由を明らかにしないものの、どうやら核により世界が崩壊し、“核の冬”を生き延びるため、南に向かって行脚する父と息子が、文明だけでなくモラルも死に絶え、文字通りの弱肉強食としてカニバリズムが横行するアポカリプスをサバイバルすることになります。
ザ・ロード-14
崩壊後の世界に生まれた命である息子を、単に父として子を守る…というよりは、人類の希望の光として息子を見るような強い思い入れで、我が身を挺し、息子の守護者となるのは、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズを経て、デヴィッド・クローネンバーグ監督の傑作「イースタン・プロミス」(2007年)で、数々の主演男優賞にノミネートされたヴィゴ・モーテンセンです。
アカデミー賞主演男優賞当確の呼び声が高かった「ザ・レスラー」(6月13日公開)のミッキー・ロークとの対決を避け(結果は「ミルク」のショーン・ペンが受賞)、ケイト・ウィンスレットに先を譲る格好となったヴィゴ・モーテンセンですが、この「ザ・ロード」で、来年こそはオスカーの主演男優賞を獲ってしまうのかもしれません。
ザ・ロード-11
ヴィゴ・モーテンセンの妻として追憶の中に登場するのは、「モンスター」(2003年)でアカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞しつつも、その後はパッとしませんでしたが、「告発のとき」(2007年)の女刑事役で、素晴らしい存在感を発揮し、感動を導いてくれたシャーリーズ・セロンです。
ザ・ロード-12
神に託された子として生まれてきた?息子を演じているのは、出身国のオーストラリアのテレビドラマで子役として活躍していた、1996年生まれのコディ・スミス=マクフィーです。本作の撮影は1年以上前に終わっていますから、役を演じていた時は11歳か、12歳ですね。
ザ・ロード-10
このいきなり名作とされている「ザ・ロード」を作った監督は、「亡霊の檻」(1988年)、「プロポジション -血の誓約-」(2005年)といった作品が日本でも紹介されているオーストラリア人のジョン・ヒルコートです。「プロポジション -血の誓約-」に主演していたガイ・ピアースが、この「ザ・ロード」にも出演しています。
ザ・ロード-13
オスカーを狙うために公開を約1年間も伸ばされた「ザ・ロード」は、アメリカで今秋10月16日から封切られる予定です。多数の強力なライバル作品が登場しない限り、様々な賞レースに絡むのは間違いなさそうです。
ココに昨年の8月に紹介した本作の写真があります。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中