スーパーナチュラル西部劇「ジョナ・ヘックス」でスケベ天使のミーガン・フォックス演じる娼婦の驚異的なウエストの細さにア然とする写真!!

ジョナ・ヘックス-ミーガン・フォックス-トップ
ホレ見ろ!!とばかりにエッチな衣装登場スケベ天使ミーガン・フォックスですが、そんなに締めつけたら死んでしまうんじゃないか?!心配になります…!! → 


ジョナ・ヘックス-ミーガン・フォックス-1
phreecelebs さんという人が、The phun.org forum の掲示板に投稿してくれた、DCコミックス人気ヒーローを映画化するスーパーナチュラルな西部劇「ジョナ・ヘックス」を、先週の木曜日23日にルイジアナで撮影していたミーガン・フォックスの写真です。
ミーガン・フォックス扮する娼婦レイラは、ジョシュ・ブローリンが演じる顔の半分がつぶれた醜いダークヒーローのガンスリンガー、ジョナ・ヘックスに娼館から助け出され、女バウンティ・ハンターとなってジョナ・ヘックスと共に、ジョン・マルコヴィッチ演じるブードゥーの呪術師ターンブルが蘇らせるゾンビの南軍と、南北戦争のやり直しを闘うことになります…!!
写真のミーガン・フォックスは、バウンティ・ハンターになる前の娼婦として、男たちの裸のガンを発射させている頃のレイラでしょうが、コルセットでギュウギュウに締めつけた細すぎる腰にガンベルトが巻けるのか?!、首をかしげたくなってしまいます!!、これらの写真はフォトショなどで加工はされておらず、女優は野郎を逝かせてナンボが信条のミーガン・フォックスは本当にウエストをシェイプして、コルセットで締めつけているのですが、昔の西部の娼婦に完璧になりきろうとする彼女のエロ女優魂は大したもので感服です!!
しかし、昔の女の人は大変…と言うか、ミーガン・フォックスも苦しくないんでしょうか?!、とりあえず、撮影の合間に食事して、お腹にモノを入れるなど到底、できなさそうです…!!
ジョナ・ヘックス-ミーガン・フォックス-2
この風変わりなコミック・ヒーロー映画「ジョナ・ヘックス」の監督は、あまり期待できそうにない「ホートン/ふしぎな世界のダレダーレ」(2008年)のジミー・ヘイワード。共演は、クエンティン・タランティーノ監督の戦争映画「イングロリアス・バスターズ」に出ているミヒャエル・ファスベンダーウィル・フェレルのコメディ映画「俺たち」シリーズのウィル・アーネットなどです。ウィル・アーネットは「ホートン/ふしぎな世界のダレダーレ」では鳥のワシの役でしたね。
ジョナ・ヘックス-ミーガン・フォックス-3
DCコミックスなので、当然、ワーナー・ブラザースが配給する「ジョナ・ヘックス」は2010年8月6日全米公開の予定で、来年のサマームービーとなります。
ミーガン・フォックスの最新作は言うまでもなく、今年のサマームービーの台風の目である「トランスフォーマー2/リベンジ・オブ・ザ・フォールン」ですから、ミーガン・フォックスは2年続けて、サマームービーのヒロインの大役をゲットしています!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中