ジェニファー・リンチ監督のセクシーな妖怪へび女のボリウッド・ホラー「HISSS/シャー!!」の脱皮が気持ち悪い予告編!!

ヒス-マリカ・シェラワット-ジェニファー・リンチ
本当は爬虫類は苦手なんですが…この色っぽいへび女の映画はガマンして観たいと思います…ッ!! → 


http://applications.fliqz.com/1f866af11db04864bca16236377b518f.swf
デヴィッド・リンチ監督の娘、ジェニファー・リンチ監督が不況のアメリカを脱し、インドで作ったボリウッド・ホラー「HISSS/シャー!!」の予告編です。
今月4月10日に、本作に登場する妖怪へび女の写真を紹介した際、どんな風に人を襲うんだろう?!と書きましたが、ご覧のように、尻尾?で捕まえて、かぶりついちゃうわけですね!!
この「HISSS/シャー!!」は、インドで昔から言い伝えられてきた、人間の姿をしたへびの化身“イチャダリ”をテーマにしたもので、へび女はボリウッド映画では定番ネタとして、何度も映画や、テレビドラマになっています。
そんなインドの伝統的なホラーに、外国人であるアメリカ人のジェニファー・リンチ監督が挑んだわけですが、ボリウッドの人気女優マリカ・シェラワットが変身する妖怪へび女が妙に艶かしいあたりは、女性が肌を露出することなどをよくないとするインドのきびしい道徳観の視点とは少し異なっているような感じです。
が、それにしても予告編の後半でチラリと観られる脱皮の場面?!はかなり気持ち悪そうですね…。
傲慢なアメリカ人にボーイフレンドの巨大コブラを捕獲され、人間に変身して恋人を取り返し、復讐を遂げようとするへび女の物語である本作で、傲慢なアメリカ人のジョージを演じているのは、「デスパレートな妻たち」で神父さんを演じていたジェフ・デューセット。現在日本公開中のアカデミー賞8冠「スラムドッグ$ミリオネア」をはじめ、必見の名作「その名にちなんで」(2006年)や、僕は最高の映画だと思っている「ダージリン急行」(2007年)など、インドが絡めば必ず出てくるイルファン・カーンがやっぱり出演しています!!
ヒス-マリカ・シェラワット-ポスター
この「HISSS/シャー!!」は、インドでは多分、今年2009年中には上映されるのでしょうが、公開は今のところ、一切未定となっています。
妖怪へび女イチャダリの特殊メイクを手がけたのは、「SAW」シリーズのトビン・ベルが出演しているというだけで、「SAW」ソックリのジャケットでDVDがリリースされた「GAME/ゲーム」(2007年)では監督をつとめたロバート“マッド・ドッグ”カーツマンです。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中