クリストファー・ノーラン監督最新作のSFアクション映画「インセプション」にジョセフ・ゴードン=レヴィットが登場!!、レオと新旧天才の競演!!

ジョセフ・ゴードン=レヴィット
ジェームズ・フランコがやっぱり、スケジュールが合わず出演を断念し、ジョセフ・ゴードン=レヴィット(↑)が代役に登場することになりました!!、レオナルド・ディカプリオVSジョセフ・ゴードン=レヴィットは、誰もが観たい夢の競演なので、どこからも文句は出ませんッ!! → 


バットマン/ダークナイト」(2008年)で映画の歴史に一石を投じたクリストファー・ノーラン監督の最新作のSFアクション映画「インセプション」に、ジョセフ・ゴードン=レヴィットの出演が決定したと、業界メディアのTHRが報じました。
内容が一切不明で謎とされている「インセプション」は、レオナルド・ディカプリオが主演をつとめるワーナー・ブラザース製作の大作で、脇を固める俳優として、「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」(2007年)のマリオン・コティヤール、「JUNO/ジュノ」(2007年)のエレン・ペイジ、「バットマン」シリーズのキリアン・マーフィが出演することを、今月4月初めに伝えました。その際、スケジュールの都合で出演できないかも?と断りつきで記しておいたジェームズ・フランコ(「パイナップル・エクスプレス」2008年)が、やはり無理となり、ジョセフ・ゴードン=レヴィットはその代わりですが、どのような役を演じるか?!は、もちろん秘密にされています。
ジョセフ・ゴードン=レヴィットは、菊地凛子ちゃんの最新作「ブラザース・ブルーム」(アメリカ5月公開)のライアン・ジョンソン監督が、アメリカ映画界で最も将来性のある監督という評価を得るにいたった監督デビュー作の出世作「BRICK/ブリック」(2005年)で、主役のハードボイルドな高校生探偵を演じ、その演技力が称賛された若手の逸材です。言うなれば、かつてのレオナルド・ディカプリオを思い起こさせるようなジョセフ・ゴードン=レヴィットと、当のレオとの共演は以前から期待されており、大友克洋原作・レオ製作の「アキラ」で2人の顔合わせが実現するのでは?!とウワサになっていました。
そんな映画マニアにとっては夢の新旧天才俳優の顔合わせを、本格派のクリストファー・ノーラン監督が実現してくれた訳で、「インセプション」の中で、ノーラン監督が2人をどのように配置するのか?!は大きな注目のポイントです。
アメリカでは8月7日から拡大公開されるアクション大作「G.I.ジョー/ライズ・オブ・コブラ」(日本今秋公開)で、ブロックバスター映画への進出も果たしたジョセフ・ゴードン=レヴィットですが、来年2010年夏の超話題作「インセプション」への出演も決定し、いよいよスターダムへとのし上がりそうですね。
なお、今夏日本公開のスパイク・リー監督の最新作の戦争ドラマ「セントアンナの奇跡」にも、ジョセフ・ゴードン=レヴィットは出演しています。お観逃がしなく!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中