映画ドロボウには死を!!、海賊版撲滅キャンペーンの過激なCM!!

ハイっ、こちらIT課!-1
公開前サマームービー超話題作X-MEN/ウルヴァリン」(5月1日全米公開)のワーク・プリントがネットに流出させられ、全世界で膨大な数のコピーがダウンロードされてしまった史上最大の映画盗難事件で、海賊版の問題再びスポットがあてられていますが、映画を盗んだ者には、これぐらいの制裁が必要なのかもしれません…?! → 


http://cdn.springboard.gorillanation.com/storage/xplayer/yo033.swf?nowmode
ハンドバッグをひったっくってはいけません!!
車を盗むんではいけません!!
赤ちゃんを誘拐してはいけません!!
警官を射殺してはいけません!!
殺した警官の帽子にウンコをしてはいけません!!
ウンコ入りの帽子を殺した警官の未亡人に贈ってはいけません!!
で、またそのウンコ入り帽子を盗み返すのいけません!!
そして…映画を違法ダウンロードしてはいけません!!
すべて犯罪です!!、犯罪者に待ち受けているものは…!!

イギリスらしいブラックなユーモアが効いた強烈なオチのCMですが、もちろん、こんな悪ふざけのCMが実際にあるはずはなく、日本でもWOWWOWで放送され、DVDが店頭に並んでいる、イギリスのシットコム「ハイっ、こちらIT課!」( ↓ 写真)に登場した映画海賊版撲滅キャンペーンのパロディCMです。
過去の映画流出事件としては、イーライ・ロス監督の残酷映画「ホステル2」(2007年)も公開前にネットに流出させられ、興行に大きなダメージを被りましたが、怒り心頭だったイーライ・ロス監督としては、このパロディCMに「ホステル」流のもっとえげつないオチをつけたいかもしれませんね。
その一方で、映画が公開前に流出してよろこんだのはマイケル・ムーア監督でした。盗まれたのはアメリカの医療制度の矛盾と欺瞞を糾弾したドキュメンタリー映画の「シッコ」(2007年)です。
マイケル・ムーア監督は、映画が流出したおかげで、映画館に行く余裕のない人、つまり、「シッコ」という映画で同監督が救いたいと願った社会的弱者の人たちにも観てもらえる機会が増えたとうれしがっていました。
できるだけ多くの人に観てもらい、社会の変革を訴えかけることがドキュメンタリー映画の役割にはあるので、タダで大勢に観られることは目的に適っているという理屈ですね。
だからと言って、それでも映画を盗むのは、おまわりさんの帽子にウンコするぐらい大変な犯罪です…。
ハイっ、こちらIT課!-2
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中