21歳のポルノ女優サーシャ・グレイが主演のソダーバーグ監督最新作「ザ・ガールフレンド・エクスペリエンス」予告編とサーシャのH写真!!

サーシャ・グレイ-1
男性の方日頃からお世話になっているサーシャ一般映画初主演作予告編がリリースされたので、とくとご覧ください!!監督は、「トラフィック」(2000年)でアカデミー賞監督賞を受賞した、「オーシャンズ」シリーズのスティーブン・ソダーバーグです。ポルノ映画からいきなりハリウッドの超メジャー監督作に進出です…!! → 


http://www.traileraddict.com/emd/10305
ウエイトレスのバイトをして貯めた7,000ドル(約70万円)を手に、18歳になると単身でロサンゼルスに移り住み、かねてから計画していたAVデビューを果たし、瞬く間にトップ女優にのし上がったサーシャ・グレイの一般映画初主演のスティーブン・ソダーバーグ監督作品「ザ・ガールフレンド・エクスペリエンス」の予告編です。
サーシャ・グレイが演じているのは、マンハッタンのリッチなエリートたちを相手に、1時間で2,000ドルも巻き上げる超高級コールガールのチェルシー。
22歳の彼女は、演じているサーシャ本人と同じように自分から進んで性を売り物にする仕事を選び、プロとして職の安全を確保するため、怪しいポン引きや、コールガールの組織などとは関わらず、自分のビジネスをすべて自分ひとりだけでマネジメントし、コントロールしていた。そんな、ある意味、キャリア・ウーマンのようなサーシャには、フィットネスの個人トレーナーとして1時間125ドルを稼ぐ献身的な恋人のクリスがいて、彼女の仕事を全面的に理解し、包んでくれていた。
何事も順調に運んでいたサーシャだが、毎日、赤の他人と親密な間柄を交わす彼女は、思ってみないような人物と出くわすことも…。
サーシャ・グレイ-2
…という訳で、本作は、現オバマ大統領が勝利した昨2008年秋の大統領選直前の5日間を舞台に、チェルシーが体験する様々な男性との関係や、恋人との絆が描かれる作品だそうで、サプライズ上映されたサンダンス映画祭で本作を観た映画評論家のジェームス・ロッシは、“誠実さと親密さについて、誠実に語られた親密な映画”などとシャレた言い回しのレビューを記しています。なので、チェルシーが異常な事件に巻き込まれるとかするサスペンスではなく、ソダーバーグ監督らしい実験精神に富んだインディーズ映画の人間ドラマのようですね。
ソダーバーグ監督のデビュー作で、いきなりカンヌ国際映画祭で大賞のパルムドールを獲ってしまった「セックスと嘘とビデオテープ」(1989年)に似たようなところがあるのかもしれません。
この「ザ・ガールフレンド・エクスペリエンス」は、今月4月22日から5月3日にかけて開催のトライベッカ映画祭で上映の後、今月末4月30日からオンデマンド配信を開始し、来月5月22日から一部の映画館で上映される予定です。日本でも早く封切ってほしい本作ですが、アメリカのきびしいレイティングでもR指定と、成人映画にはなっていないので、際どいエッチ場面は期待しない方がよさそうです。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中