演技派女優エヴァン・レイチェル・ウッドのセクシーなボンデージ・フェチのグラビア!!

エヴァン・レイチェル・ウッド-1
セクシーな黒の下着姿でイスに縛りつけられ、ボンデージ・フェチにはたまらない光景を晒してくれているのは、男性誌「GQ」最新号5月号のグラビアに登場のエヴァン・レイチェル・ウッドです。美しい彼女に例えるのは何ですが、原稿の〆切が迫ってきたボクも縛られてる気分になってきたので、しばらく別の映画原稿の方に専念させてもらいます。
エヴァン・レイチェル・ウッドは、屈指の大傑作で絶対に観たほうがいい「砂と霧の家」(2003年)のヴァディム・パールマン監督がメガホンをとった最新作「ダイアナの選択」(2008年)が、現在日本公開中ですが、6月にはミッキー・ロークの娘を演じたヴェネチア映画祭グランプリの「ザ・レスラー」も封切られる予定です。
注目を集めた「サーティーン/あの頃欲しかった愛のこと」(2003年)以来、一貫して高い演技の才能を発揮している彼女ですが、今ひとつメジャーになりきれていないのが残念です…。ブロードウェイでミュージカル化される「スパイダーマン」では、大ヒットの映画シリーズキルスティン・ダンストが演じたスパイダーマンの恋人メリー・ジェーンを演じる予定ですが、彼女にもそうしたブロックバスター映画のヒロインがまわって来てもよさそうなものですが…。
続きを読むの後にも、エヴァン・レイチェル・ウッドのセクシー・ショットをあげているので、しばらく彼女の肢体を眺めて、ムフムフとお過ごしください。
 → 


エヴァン・レイチェル・ウッド-2
エヴァン・レイチェル・ウッド-3
エヴァン・レイチェル・ウッド-4
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中