「ハイスクール・ミュージカル」は卒業のザック・エフロンが60年代の人気アニメ「科学少年ジョニー・クエスト」のリメイク映画に主演決定!!

ジョニー・クエスト-1
お前いくら何でもカッコよすぎるやろッ?!全世界の野郎を敵にまわしている完全無欠のリアル・ヒーローザック・エフロンがいよいよ、ワーナー・ブラザースヒーロー・アクション映画の主役として活躍するようです…ッ!!
    → 


ザック・エフロン-1
上半身裸でパーキングメーターに捕まって、何やってるんだか?!、よくわからないザック・エフロンの写真は、男性誌「GQ」最新号5月号のグラビアですが、映画では「GQ」ならぬ、「JQ」に主演することになりましたッ!!
ロサンゼルス・タイムズの映画ジャーナリスト、ジェフ・バウチャーによれば、ワーナー・ブラザースが製作する予定の1960年代の人気アニメ「ジョニー・クエスト」(邦題「科学少年J.Q」)のリメイク映画に、ザック・エフロンが主演することを確認できたとのことです。
同映画へのザック・エフロン主演の可能性は、今年2月半ばにまず、MOVIEHOLE.Net のアンソニー・ルーカスがスクープしたものですが、どうやら、その後の交渉がうまく進み、実現にいたることになったようですね。
ジョニー・クエスト-2ザック・エフロン主演の実写映画として復活する「ジョニー・クエスト」は、「原始家族フリントストーン」、「宇宙家族ジェットソン」、「チキチキマシン猛レース」といった作品で、日本でもよく知られるハンナ・バーベラ・プロダクションが製作し、アメリカで1964年から翌65年にかけてテレビ放送された人気のクラシック・アニメで、80年代にリニューアルした現代風の新作も作られました。内容は、科学者のベントン・クエスト博士と息子のジョニーが研究のため訪れる世界各地で、様々な冒険に遭遇するというもので、旅の仲間として軍人のレース・バノン少佐がボディーガードをつとめているほか、ジョニーの親友のインド人少年ハジと、ペットの愛犬バンディが同行しています。
オリジナルのアニメでは、ジョニー・クエストは11歳の少年ですが、21歳のザック・エフロンに合わせ、新作映画の設定は変えられるようです。


ザック・エフロン以外のスタッフ・キャストとしては、ボディーガードのレース・バノン少佐役に、プロレスラー、ザ・ロックこと、ドゥエイン・ジョンソンが内定しています。
監督は、そのドゥエイン・ジョンソンとのコンビで、「ゲーム・プラン」(2007年)を大ヒットさせたほか、アメリカで現在公開中のリメイク映画のSFアドベンチャー「レース・トゥ・ウィッチマウンテン」(7月公開)も成功に導いたアンディ・フィックマンがあたる予定です。脚本は新人のダン・マゾーという人ですが、オリジナルのクラシック・アニメから現代化へのアダプテーションが優れているらしく、リメイク版「ジョニー・クエスト」のシナリオは、映画化されていないヒット確実で黒字必至の優秀脚本のリストである、いわゆる“ブラック・リスト”の2008年版に加えられています。

しかし、このニュースを伝えたジェフ・バウチャーによれば、製作のワーナー・ブラザースは、やはり、クラシック・アニメをリメイク映画化した昨2008年の大失敗作「スピードレーサー」(オリジナルは言わずと知れたタツノコ・プロの「マッハGoGoGo」)の二の舞を踏まないように、映画のタイトルを「ジョニー・クエスト」ではなく、新たに現代的なオリジナルの題名を名づけることを検討しているそうです。
「スピードレーサー」が失敗したのは、過度にきらびやかなCGだけでカーレースを再現し、ゲームだか?!何だかわからないガキ映画にしてしまったことが、観客に受け入れられなかった最大の理由であり、アニメのオリジナル題名をそのまま映画でも使ったことは、あまり関係ないと思うので、ワーナー・ブラザースの考え方の根拠はよくわかりませんが、とりあえず、どのような題名でも、今のところ、このプロジェクトは監督・キャスト共に申し分なく、成功の確立は高そうです。
ただし、世界各地でエキゾチックな冒険をする「ジョニー・クエスト」の内容は、単純に実写に置き変えた場合、「インディ・ジョーンズ」化する可能性があり、そうなると、ドゥエイン・ジョンソンとザック・エフロンのヒーロー・コンビの構図は、サイテー映画の代名詞となる新語を作った最悪の「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」(2008年)でのハリソン・フォードシャイア・ラブーフに相当する役回りのようにもなってしまいかねず、その点だけは心配ですね…。
ザック・エフロン-2
それにしても、ザック・エフロンは「スピードレーサー」に主演してほしいとファンが望んだ俳優であり、本人も希望していましたが、ワーナー・ブラザースはエミール・ハーシュを選んでしまいました…。ザック・エフロンが出ていれば、興行成績はもう少しマシだったと思うので、ワーナー・ブラザースがジョニー・クエストにザック・エフロンを選んだのは、そうした過去の選択ミスの反省もあるのかもしれません。
ザック・エフロン主演「ジョニー・クエスト」の製作スケジュールや、公開の予定などは、ワーナー・ブラザースが本件をまだ公式発表していないので不明です。
よって、この記事の内容も今後、変わる可能性があるかもしれませんが、ザック・エフロン=ジョニー・クエストのヒーロー誕生を期待しておきましょう!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中