リメイク版「エルム街の悪夢」の殺人鬼フレディは、やっぱり、ジャッキー・アール・ヘイリーだった!!

エルム街の悪夢-ジャッキー・アール・ヘイリー
ロールシャッハさんは、「ウォッチメン」のヒーローをやめて、これからはエルム街で人殺しに勤しむようです…ッ!! → 


昨日、紹介したレベルの高いフェイクの予告編を作ってくれた無名俳優クリストファー・ジョンソンには残念ですが、リメイク版の新「エルム街の悪夢」の殺人鬼フレディ役に、ジャッキー・アール・ヘイリーが決定し、来週にも正式にアナウンスされると、ホラー映画の専門サイト BLOODYDISGUSTING.COM が報じました!!
ジャッキー・アール・ヘイリーこの、フレディはジャッキー・アール・ヘイリーだッ!!というのは、2月14日のバレンタイン・デーに、リンジー・ローハンの「エルム街の悪夢」出演が決定!!というガセ・ニュースの中で軽くふれましたが、そもそもはイチか?バチか?みたいな信憑性の怪しいスクープの多い映画サイト LATINOREVIEW.COM が最初に報じたものです。
しかし、その時はリメイク版「エルム街の悪夢」を製作するマイケル・ベイ監督のホラー映画再生プロダクション、プラチナム・デューンズが速攻でオフィシャルに否定コメントを発表し、スクープはデマだった…ということで、ジャッキー・アール・ヘイリー=フレディ説は一旦、無くなってしまいました。
ところが実は水面下で、契約のデリケートな調整が行われていたようで、様々な問題が解決し、フレディはジャッキー・アール・ヘイリーだと公けになっても差し支えのない環境ができたことで、あらためて、 BLOODYDISGUSTING.COM に情報がリークされたようです。
ジャッキー・アール・ヘイリーはトップに写真をあげたように、「ウォッチメン」のロールシャッハとして、最近は人気を集めていますが、彼は70年代に、「がんばれ!ベアーズ」シリーズや、ピーター・イエーツ監督の大傑作の素晴らしい青春映画「ヤング・ゼネレーション」(1979年)などで活躍したアイドル・スターだったものの、落ちぶれてしまい、長い低迷期の末、ケイト・ウィンスレットらと共演した「リトル・チルドレン」(2006年)で演技派としてカムバックし、アカデミー賞助演男優賞にもノミネートされる奇跡の復活を果たしたことは、ご記憶に鮮明だと思います。
その「リトル・チルドレン」の中で、ジャッキー・アール・ヘイリーが演じたロニーは、ロリコンの変態ドスケベの気持ち悪い性犯罪者の役でしたが、思えば、殺人鬼フレディもペドでロリコンで変態の倒錯者が生まれ変わった存在なので、ロニーがフレディに進化するような感じですね!!、「リトル・チルドレン」は思いかけず、「エルム街の悪夢」のプリクエールになってしまいました!!
エルム街の悪夢-1
カイル・ガルナーまた、 BLOODYDISGUSTING.COM はあわせて、先週末に全米公開され、興行ランキング初登場第2位を飾ったホラー映画「ホーンティング・イン・コネチカット」に出演しているカイル・ガルナーが、オリジナルの「エルム街の悪夢」でジョニー・デップが演じたヒロインの恋人グレンに相当するクエンティンという青年の役で、リメイク版への出演が決定したことも報じています。
カイル・ガルナーは、女子高生探偵「ヴェロニカ・マーズ」のレギュラー・キャストで、キャシディを演じていました。
リメイク版「エルム街の悪夢」は今月末からシカゴで撮影が始まる予定なので、今回のスクープに間違いはなさそうですね!!
エルム街の悪夢-2
ちなみに元祖フレディのロバート・イングランドは、高校でカウンセリングを行う精神科医の役でカメオ出演する可能性が高そうです!!、ジョニー・デップのカメオは…、ちょっとあり得なさそうですね。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中