リメイク版「エルム街の悪夢」のオーディションをどうしても受けたい無名俳優が作った尋常じゃない完成度の自己PR用予告編!!

エルム街の悪夢-フェイク予告編
マイケル・ベイ監督のホラー映画専門お色直し業者プラチナム・デューンズ製作の準備を進めている、ウェス・クレイヴン監督の代表作傑作ホラーエルム街の悪夢」(1984年)のリメイク版最新作で、どうしても主人公の殺人鬼フレディを演じたい無名の俳優自己PRのために作ったフェイクの予告編なんですが、熱意のあまりか?!アンタ監督に採用されたいのかよ?!という、ちょっとピントはずれなほどの上出来ぶりです…ッ!!
    → 



リメイク版最新作「エルム街の悪夢」で殺人鬼フレディを演じたい情熱の炎で身を焦がしているのは、36歳の無名俳優クリストファー・ジョンソンです。
彼は俳優としては全くの無名ながら、「ダイ・ハード4.0」(2007年)や、「ジャンパー」(2008年)といったメジャー作品でSFXに携わるなどの経験と技術があるほか、インディーズ映画の監督として、これまでにスリラー映画を1本と、自らが主演も兼ねた自作自演のドラマ映画を2本も発表しています。
そうしたキャリアのおかげで、上 ↑ の予告編はちょっと素人ばなれした完成度となっていますが、あまりにも上出来なため、クリストファーは殺人鬼フレディに扮した自分の演技を見てほしいのか?!、それともSFXの技術などを評価してもらい、スタッフとして採用されたいのか?!、パッと見で判断がつかないような感じです…。
マイケル・ベイ監督がプロデューサーをつとめ、メジャー・アーティストの音楽ビデオや、一流企業のCMを作ってきたトップ・ディレクターのサミュエル・バイエルが映画監督デビューを飾るリメイク版「エルム街の悪夢」の主人公、殺人鬼フレディ役には、これまでビリー・ボブ・ソーントンや、マイケル・ローゼンバウム(「ヤング・スーパーマン」のレックス・ルーサー)、ジャッキー・アール・ヘイリー(「ウォッチメン」公開中)らの名前が候補のウワサにあがってきました。そうした流れからすると、お生憎ですが、クリストファーのような誰も知らない俳優が主演に起用されるとは、まず思えません。
恐らく、そんなことは、マイナーとは言え、映画のプロとしてハリウッドで仕事してきたクリストファーもわかっていると思うので、彼がこの「エルム街の悪夢」の予告編をこんなにグレード高く仕上げたのは、オーディションで役を目指すことよりも、実は話題に乗じて、自分の存在を業界に宣伝することが、本当の狙いだったんじゃないでしょうか?!、このフェイクの予告編から発展する可能性としては、これを観た低予算ホラー映画のプロデューサーが、こいつに自作自演で何か作らせてみようか?!と思う確立が一番、高そうな気がします。
とまぁ、いずれにしろ、映画ファンとしては、「エルム街の悪夢」を現在、あらためて作ると、こんな風になるのかな?!と想像してみる楽しみを、クリストファーが与えてくれたことには、ありがとうを言ってあげたいですね…!!
エルム街の悪夢
誰がフレディを演じるのか?!、今だ明かされていないリメイク版の最新作「エルム街の悪夢」は、今春、シカゴで撮影を行い、2010年4月の全米公開を目指す予定です。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中