クリストファー・ノーラン監督最新作のSFアクション「インセプション」で、ディカプリオの妻はマリオン・コティヤール、相棒はエレン・ペイジ!!

マリオン・コティヤール-エレン・ペイジ
SFアクション大作なんて私の柄じゃないのよね…」と言いつつ、「X-MEN/ファイナル ディシジョン」(2006年)に出演したカナダの女優エレン・ペイジまたSFアクション大作に出そうです!!本当はスキなジャンルなのかもしれません?! → 


業界メディアのTHRをはじめ複数の映画メディアが報じたところによれば、昨2008年夏、「バットマン/ダークナイト」(2008年)を歴史的大ヒットさせたクリストファー・ノーラン監督の最新作の謎のSFアクション大作「インセプション」に、昨年の第80回アカデミー賞の主演女優賞を奪い合い、明暗を分けた、「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜」(2007年)で勝利のオスカー女優マリオン・コティヤールと、「JUNO/ジュノ」(2007年)で敗れたエレン・ペイジが出演し、すでに主役にキャスティングされてるレオナルド・ディカプリオと共演することになりそうです。
同映画の内容は、ほとんど不明なのですが、レオナルド・ディカプリオの役どころは、CEOタイプの人物とのことで、企業や団体の代表のような役柄?!と憶測されており、マリオン・コティヤールはそのレオの妻、エレン・ペイジは大学出たての若い女性で、レオの助手のような存在なのか?!、相棒となる役柄だそうです。
また、「バットマン」シリーズで悪役のスケアクロウを演じていたキリアン・マーフィが連続してクリストファー・ノーラン監督からご指名を受け出演する予定なのに加え、「スパイダーマン」シリーズの敵役だったジェームズ・フランコも出演交渉の段階にあるそうです。ただし、ジェームズ・フランコは「パイナップル・エクスプレス」(2008年)でコンビを組んだデヴィッド・ゴードン・グリーン監督がユニバーサル映画でメガホンをとる新作の時代ものファンタジー・コメディ「ユア・ハイネス」(Your Highness)で魔法使いと闘うダメダメな王子を演じることが決まっており、スケジュールがかぶってしまっているので、あらためて、「ユア・ハイネス」か、「インセプション」のどちらに出演するのか?!、選択を迫られているようです。もし、ジェームズ・フランコが出演すれば、「バットマン」の悪役と「スパイダーマン」の敵役が共演という、ある意味、おもしろい顔合わせになりますね。
こうしたキャスティングについて、映画の内容や役の設定がわからない以上、それぞれの俳優が果たしてふさわしいのか?!は、何も言及できませんが、「ダークナイト」でジョーカーにヒース・レジャーを起用したクリストファー・ノーラン監督のセンスを信じれば、黙って期待しておいて、よさそうです。
とりあえず、ある程度、メイン・キャストの顔ぶれが見えきたので、おぼろげながら「インセプション」の雰囲気が具体的になってきたような気がしますね。
ワーナー・ブラザースが製作する謎のSFアクション大作「インセプション」は、今夏以降の今年2009年後半に撮影を行い、2010年7月16日にサマームービーの目玉作品として全米公開の予定です。
ジェームズ・フランコ-キリアン・マーフィ
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中