スパイク・ジョーンズが人気絵本を映画化したシュールなファンタジー「かいじゅうたちのいるところ」が、グッとくる予告編をリリース!!

かいじゅうたちのいるところ-16
今週末金曜日27日全米公開で、たぶんオープニング成績5千万ドルぐらい?!を売り上げ、興行ランキング第1位ブッちぎりで獲る見込みドリームワークス3-D/CGアニメ最新作モンスターVSエイリアン」(日本7月公開)の冒頭につけられる予定スパイク・ジョーンズ監督の異色ファンタジー映画かいじゅうたちのいるところ」の予告編を、おととし2007年アカデミー賞授賞式の司会者だったエレン・デジェネレスが、トットとワーナー・ブラザースから持って来てくれました!! → 


http://www.traileraddict.com/emd/9813
同性愛者として有名なコメディエンヌのエレン・デジェネレスがホストをつとめる人気トーク番組「エレン・デジェネレス・ショー」で今朝(現地25日)、初公開された「かいじゅうたちのいるところ」の予告編です。
バットマン/ダークナイト」(2008年)の故ヒース・レジャーの元カミサンとして、ヒースがジョーカー役で獲得したアカデミー賞助演男優賞のオスカー像を相続する娘のマチルダちゃん(3歳)が18歳になるまで、代わりにオスカー像を預かる女優のミシェル・ウィリアムズとつきあっているスパイク・ジョーンズ監督が、モーリス・センダック世界的ベストセラー絵本を映画化した「かいじゅうたちのいるところ」については、おとつい、ココで詳しく紹介したので、映画の内容などはそちらでご覧頂くとして、予告編だけでも、こんなに素敵そうな映画を作る人がマチルダちゃんのパパ代わりをつとめてくれているのなら、ヒース・レジャーも天国で少し安心かもしれません。
予告編で使われている、センスのいい楽しそうな音楽は、カナダのオルタナティブ・ロックバンド、アーケイド・ファイアの曲で、彼らが2004年に発表したデビュー・アルバム「フューネラル」に収録されている7番めの曲「ウェイク・アップ」をアレンジしたものです。こうした趣味のよさは、いかにもスパイク・ジョーンズ監督らしいところですね。
製作の過程で様々な問題をはらんだ「かいじゅうたちのいるところ」は、製作のワーナー・ブラザースが意図した映画とは全然ちがう作品に仕上がってしまったようですが、結果としては、同社が「バットマン/ダークナイト」、「ウォッチメン」(今週末28日公開)と続けてきたような映画ジャンルの革命作として、早くも今年2009年のベスト・ムービーの候補にあげられています。
かいじゅうたちのいるところ-15
この「かいじゅうたちのいるところ」は10月16日全米公開の予定です。日本でも
今年中に公開の予定のようなので、必見のラインナップに入れておいてください。
http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2489889&pid=877960591
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中