チョン・ジヒョンVS小雪の猟奇的なヴァンパイア映画「ラスト・ブラッド」がイギリス版予告編をリリース!!

ラスト・ブラッド-チョン・ジヒョン
英語名ジアナ・ジュンことチョン・ジヒョン3丁目小雪日韓美女対決決着をつける邦題ラスト・ブラッド」こと「ブラッド/ザ・ラスト・ヴァンパイア」がイギリスでも予告編を公開しました!! → 


http://www.traileraddict.com/emd/9316
大傑作ドラメディ「猟奇的な彼女」(2001年)などでキュートなアイドルとしての魅力を全開する一方、サイコ・ホラー映画の大傑作中の大傑作「4人の食卓」(2003年)では、集中力の高い優れた演技力を発揮してみせるなど、その幅広い才能が国際的に紹介されず、アジアに埋もれてしまっている韓国のトップモデル兼女優のチョン・ジヒョンが名前をジアナ・ジュンに改め、世界デビューする待望のヴァンパイア・アクションの香港・日本・フランス合作映画「ブラッド/ザ・ラスト・ヴァンパイア」は、先月2月に日本版「ラスト・ブラッド」の予告編をご覧頂きましたが、6月12日から公開になるイギリスでもようやく予告編がリリースされました!!
「ラスト・ブラッド」と言われても、なんだ、ソレ?!と戸惑ってしまうが、「ブラッド/ザ・ラスト・ヴァンパイア」と言われれば、今さら説明はいらないはずの本作は、400年間に渡り、ヴァンパイア・スレイヤーとして闘い続ける宿命の少女、小夜を主人公とした2000年製作の同名の日本製アニメを実写映画化したものです。
同アニメは北米で人気沸騰し、そのレベルの高さにジェームズ・キャメロン監督も一目おいた作品でしたが、この実写版も同じような評価を得ることが出来るでしょうか…?!、いかにもヨーロッパ人が作りました的な日本を再現しているのは、フランス人のクリス・ナオン監督(「キス・オブ・ザ・ドラゴン」2001年)です。
この「ブラッド/ザ・ラスト・ヴァンパイア」=「ラスト・ブラッド」は5月29日(金)から日本公開ですが、それに先がけ、昨2008年にチョン・ジヒョンが主演した韓国映画「スーパーマンだった男」が、「星から来た男 劇場公開版」のタイトルで4月24日にDVDがリリースされます!!、チョン・ジヒョンはテレビ局のプロデューサーで、自分をスーパーマンだと信じこんでいる変人の男をネタに視聴率稼ぎのドキュメンタリー番組を作ろうとしますが…。といった内容です。それにしてもDVDのタイトルに“劇場公開版”とあるのですが、昨年秋に大阪・東京で開催された韓流シネマ・フェスティバルの特別上映以外で、ふつうに劇場公開されてましたっけ?!
ラスト・ブラッド-ポスター
「ブラッド/ザ・ラスト・ヴァンパイア」は北米ではユニバーサル映画の配給です。
封切り日は多くの映画サイトでイギリスと同じ6月12日公開と表示されています。
http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822/JP/httpblogl0fdf-22/8001/1c48034a-7b9b-428a-a1fe-b950a4c160d4 Amazon.co.jp ウィジェット
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中