男子興奮絶頂死!!、ダコタ・ファニングが最新作「ランナウェイズ」で下着姿で歌い踊り狂う悩殺爆弾ロックシンガーに大胆挑戦!!

ダコタ・ファニング-ザ・ランナウェイズ-シェリー・カーリー
ヴァンパイア映画トワイライト・サーガ」(4月4日公開)の第2章ニュームーン」で、天使のような美少女吸血鬼ジェーンを演じることが期待されているダコタ・ファニング2.0ですが、ともかく、ベラとは共演することになりそうです!!
   → 


昨2008年12月にココでお伝えした、ヴァンパイア映画「トワイライト・サーガ」のヒロイン、ベラ役で大ブレイクした女前のクリステン・スチュワートが主演する、70年代に日本でも大人気だったガーリー・ロック・バンドの魁、ザ・ランナウェイズ(↓写真)の盛衰を描く実録青春音楽映画「ザ・ランナウェイズ」に、俺たちのチアリーダーダコタ・ファニング2.0が出演し、リード・ボーカルのシェリー・カーリーを演じて、バージョンを一気に4.0ぐらいまで上げてしまいそうです!!
ダコタ・ファニングが演じる予定のシェリー・カーリーは、現在では彼女をパクッたソックリさんのニセモノ、マドンナの方が有名になってしまいましたが、下着姿でステージに登場し、過激で大胆なパフォーマンスの歌や踊りを披露したのは“チェリーボム”こと、当時まだ16歳だったシェリーが元祖です。
ダコタ・ファニングは現在15歳なので、ザ・ランナウェイズを結成した当時のシェリー・カーリーとまさに同い歳で、突然、スーパースターのカリスマ・ロックシンガーになってしまった少女シェリーの戸惑いなどを演じるのにふさわしいと言えるかもしれません。また、シェリーは2枚のアルバムを出しただけでザ・ランナウェイズを早くに脱退し、その後はソロのシンガーとして活動する一方、女優としてジョディ・フォスターと共演(「フォクシー・レディ」1980年)するなどしているので、同じ女優同士としての共感もダコタ・ファニングは抱けるかもしれません。
クリステン・スチュワートはシェリーが抜けた後、ボーカルをつとめたギタリストのジョーン・ジェットを演じます。
監督は、この映画がデビュー作となるカナダ人のフローリア・シジスモンディですが、彼女はミュージック・クリップのディレクターとして有名な人なので、ステージのライヴのシーンなどはかなりの臨場感を持って再現してくれそうです。
映画のテーマとしては、思いがけずスターダムにのし上がってしまったティーン・エイジャーの女の子たちのオンとオフのコントラストを描く、青春の成長の物語だそうなので、熟女になった現在の姿は描かれないかもしれませんが、今や49歳のシェリー・カーリーはチェーンソーで木のアートを削り出す豪快なチェーンソー・カービングの作家です!!、なのでダコタ・ファニングには老けメイクでチェーンソーも振り回してほしいのですが、それは望み薄な期待でしょうか?!
この、女の子はクリステン・スチュワートで興奮しまくり、野郎はダコタ・ファンニングで絶頂に達してしまうことが予想される「ザ・ランナウェイズ」は今年撮影を行う予定だそうですが、クリステン・スチュワートは「トワイライト・サーガ」の第2章「ニュームーン」と第3章「エクリプス」を連続で撮影する予定ですし、ダコタ・ファニングも「ニュームーン」に出演の可能性がありますから、スケジュール的にはどうするのか?!、少し厳しそうです。
しかし、ダコタ・ファンニングが「ザ・ランナウェイズ」と「ニュームーン」の両方に出演した場合、クリステン・スチュワートとずっと一緒みたいな感じになりますが、ダコタ・ファニングが“女殺し”のクリステン・スチュワートの魅力に負け、ビアンの道に走らないことを祈ります。と言っても、クリステン・スチュワートも別に本人がそういう嗜好ではないと思うのですが…。
「ザ・ランナウェイズ」でエロいロックシンガーになってほしいダコタ・ファニングの最新作は、今月20日(金)の春分の日から公開になる「リリィ、はちみつ色の秘密」です。アメリカで観客から本当に支持され、ロングラン・ヒットになった感動作なので、お観逃がしなく!!
ザ・ランナウェイズ
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中