ジョニー・デップVSクリスチャン・ベールの2大スターが一歩も引かないギャング映画「パブリック・エネミーズ」がポスターを初公開!!

パブリック・エネミーズ-ポスター-トップ
ジョニー・デップ伝説のギャングとして、FBIバットマンの前に立ちはだかるせいか?!初公開のポスターに変なツッコミが入れられています…!! → 


パブリック・エネミー-ジョニー・デップ-ポスター
バットマン-ダークナイト-ジョーカージョニー・デップが、何度も映画化されている実在した伝説のギャング、ジョン・デリンジャーを演じ、クリスチャン・ベールがFBIのフーバー長官から直々にデリンジャー狩りをおおせ使う捜査官のリトル・メルことメルヴィン・パーヴィスを演じるという、悪のジョニデVS正義のクリスチャン・ベールという、この最新作「パブリック・エネミーズ」の対立の図式からか、上 ↑ の初公開ポスターについて、← 左の「バットマン/ダークナイト」のジョーカーのポスターとソックリじゃないかッ!!という指摘がアチラコチラのメディアで相次いでいるのですが…、う~ん…、どちらも構図にそう凝ったものでもないので、両方のポスターがソックリさんという意見にはあまりうなづけない感じがします。
そうした見方が飛び出す背景には、ヒース・レジャーの後を継いで、ジョニデがジョーカーを演ってほしい!!という以前からの大方の要望や、ウワサが反映されているような気がするのですが、みなさんはどう思われるでしょう?!
それにしてもクリスチャン・ベールは、渡辺謙⇒ジョーカー⇒ターミネーター⇒ジョニデと多彩な宿敵に恵まれていますね!!
この「パブリック・エネミーズ」の監督は、ふたりのゴッドファーザーロバート・デ・ニーロアル・パチーノが対決した男咲き映画「ヒート」(1995年)の巨匠マイケル・マン。脚本はマン監督自身と、シガーニー・ウィーバーのサイコ・スリラー「コピーキャット」(1995年)や、エドワード・ノートンがマジ怖かった「真実の行方」(1996年)など、サスペンス映画を得意としているアン・ビダーマンが手がけています。
本作は明日あたり、予告編をご覧いただけるかと思うので、お楽しみにッ!!
全米での公開は7月1日です。ところで、本作には、最近、主演作に「ボンテージ・ポイント」(2007年)なんて変な邦題をつけられ、エロエロなDVDパッケージに包まれてしまっている、「ディープ・インパクト」(1998年)で人気が出た90年代のむちむちアイドル、リーリー・ソビエスキーが出演しています。彼女が出た「シャンヌのパリ、そしてアメリカ」(1998年)はいい映画でした。
ポスターにクリスチャン・ベールが写ってなくて不公平だと不満なファンの方のために、メルヴィン捜査官の写真 ↓ もあげておきます!!
パブリック・エネミーズ-クリスチャン・ベール
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中