ホラー映画「スクリーム」の復活最新作はハナからトリロジーで構想!! 大手エージェンシー、ウィリアム・モリスの社内情報が漏洩で発覚!!

スクリーム-ウェス・クレイブン
ウィリアム・モリスは、クリント・イーストウッドや、ジャッキー・チェンナタリー・ポートマンといったトップ・スターや、マイケル・ベイリドリー・スコットクエンティン・タランティーノといった有名映画監督マネジメントをしているエージェンシーです。セレナ・ゴメスちゃんも所属しています!!
  → 


スクリーム4-ウィリアム・モリス
上 ↑ のスクリーン・ショットは、映画サイトの ROPEOFSILICON が“キャロライン”と名乗る読者からもらい受けたメールに添付されていたものです。
書かれている内容は、90年代の人気ホラー映画シリーズ「スクリーム」3部作すべての脚本を手がけたケヴィン・ウィリアムソンが、新たに作られるシリーズの続編「4」、「5」、「6」の3作品の脚本を担当する契約がまとまった!!、に付け足して、「L.A.コンフィデンシャル」(1997年)や、「イン・ハー・シューズ」(2005年)などで有名なカーティス・ハンソン監督が1986年に作ったスリラー映画「窓・ベッドルームの女」のリメイク版の脚本もケヴィン・ウィリアムソンが担当し、また彼が監督もつとめるだろうと伝えています。
「スクリーム」の新作については、昨2008年7月に製作決定のニュースを伝えて以来、ご無沙汰していますが、その後、オリジナル・キャストのデヴィッド・アークエットネーブ・キャンベルコートニー・コックスらがカメオ出演のオファーを受けていることが明らかになったり、シリーズを立ち上げた監督のウェス・クレイブンも公式に「スクリーム」の新作が製作準備にあることを認めるなどしていますが、新たな主役級の俳優や、実際にメガホンをとる監督などは決まっていない状況です。
それで上 ↑ のキャロラインさんからの情報ですが、これはアメリカの大手タレント・エージェンシー、ウィリアム・モリスの社内サイトのページをキャプチャーしたものです。外部のインターネットに公開されていないサイトなので、これがホンモノか?!どうかの確認はできませんが、もし本当なら、「スクリーム」の新作を作る予定のワインスタイン・カンパニー傘下のディメンション・フィルムズはいきなりトリロジーで構想していることになります。
ホラー映画は比較的、低予算で作れて、そこそこ儲かるか、トントンのビジネスができるので、ハナから3部作で考えてもいいのかもしれませんが、やはり、基本はまず1本めを公開してみて、その結果次第で続編を作るか?!、決めていくものです。また、「スクリーム」の新作をディメンションはオリジナル・シリーズの続編としてよりも、新たに現代版のリメイクとしてイチからスタートさせる方を選ぶような気がします。なので、ケヴィン・ウィリアムソンがコンサルタント的な役割をつとめることはあったとしても、新たな視点を盛りこむためにシナリオは最終的には別の脚本家に書かせるのではないでしょうか。
そうしたことを考慮すると、ケヴィン・ウィリアムソンがいきなり新「スクリーム」シリーズ3作品の脚本を受注できるか?!は少し疑問で、このウィリアム・モリスの社内サイトのスクリーン・ショットに今のところ強い信憑性は見いだせません。
まぁ、いずれ真偽は明らかになると思いますが、この出来事で一番、重要なのは、新「スクリーム」が3部作?!、ケヴィン・ウィリアムソンがまた全部の脚本を書く?!ではなくて、これがホンモノだとしたら、大手のウィリアム・モリスがクライアントの情報をスンナリと社外に漏洩させてしまったことです。ウィリアム・モリスはタレントやクリエイターの他に、コカ・コーラなどの大企業もクライアントに抱えていますが、漏洩したのが仮りにもっと大きな企業案件で、具体的な金銭の内訳なども明記された資料だったら、どうなっていたんでしょう…?!、映画サイトの中だけでおさまる事件ではなかったはずです。これが本物偽物を問わず、同社の信用が揺らいだことに変わりはありません。また、スクリーン・ショットを見た感じでは、これは掲示板のようなので、情報管理が叫ばれる中、何のために社内でこんな掲示板が必要なのか?!も問われそうです。
様々なルートから流出してきた映画情報ですが、ついにこんな所からまで…といった点が少し考えさせられるニュースです。
しかし、「スクリーム」の新作は内容も何もまるでわかりませんが、やっぱり、流行の3-Dを取り入れるんでしょうか?!、下 ↓ の写真は雑誌のグラビア企画で「スクリーム」のパロディをやってみたジェシカ・アルバです。彼女に新「スクリーム」への出演オファーは来るでしょうか?!
ジェシカ・アルバア-スクリーム
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中