ジアナ・ジュンも待ちくたびれた実写版「ブラッド・ザ・ラストヴァンパイア」が気づくと予告編を公開中!!

ブラッド・ザ・ラスト・ヴァンパイア-チョン・ジヒョン-1
  僕の彼女ではないけれど猟奇的な
 ジアナ・ジュンを紹介します!!
  → 


http://content.fliqz.com/applications/1f866af11db04864bca16236377b518f.swf
猟奇的な彼女」(2001年)や、「僕の彼女を紹介します」(2004年)で知られる、ほとんど犯罪に近いほどキュート韓国のスターチョン・ジヒョンが、芸名ジアナ・ジュンにあらため日本の人気アニメブラッド・ザ・ラストヴァンパイア」の実写映画化でハリウッド進出!!などという話題とっくに忘れ去られるほど待ちくたびれたチョン・ジヒョンのブラッド・ザ・ラストヴァンパイア」が、シンプルな邦題の「ラスト・ブラッド」として、5月29日(金)から世界に先駆け日本で公開されることが決定し、配給アスミック・エース予告編リリースしたので、ご覧ください!!
この「ラスト・ブラッド」は、押井守監督が企画協力したアニメや、ゲーム・小説などメディア・ミックス・プロジェクトとして立ち上げられた「ブラッド・ザ・ラストヴァンパイア」を実写映画化したものです。
チョン・ジヒョンが演じている主人公の小夜(サヤ)は、400年間の時を超えヴァンパイア・スレイヤーとして闘い続ける宿命を背負ったキャラクターで、本作でも複数の時代映画の背景となっているようです。
小夜の宿敵となるのは、似たような名前として、どちらかが死ぬしかない小雪です。小雪さんの代表作は言うまでもなく、宗教法人トム・クルーズ恋人を演じた「ラスト・サムライ」(2003年)ですから、「ブラッド・ザ・ラストヴァンパイア」が「ラスト・ブラッド」に題名変更のおかげで、似たような名前の映画フィルモグラフィーに並ぶことになってしまいました
本作監督は、ジェット・リーの「キス・オブ・ザ・ドラゴン」(2001年)を作ったクリス・ナオンです。
ココ本作の写真がたくさんありますが、そもそもは昨2008年中世界公開予定の作品だったので、その記事をアップしたのは、1年以上も前昨年1月22日日付けとなっています。
長く待たされましたがようやく観られることになってよかったですね。また、これを契機チョン・ジヒョン人気が盛り返し、彼女の未公開の主演作スーパーマンだった男」(2008年)も日本公開されることを期待します!!
この「ラスト・ブラッド」は5月日本公開6月からイギリスやフランスなどでも封切られる予定ですが、北米での公開日残念ながらまだ未定です。
ブラッド・ザ・ラスト・ヴァンパイア-チョン・ジヒョン-2
ブラッド・ザ・ラスト・ヴァンパイア-小雪-3
http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2489889&pid=877869119
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中