ブラッド・ピットがメジャーリーグの球団経営に進出?!、オークランド・アスレチックスのGMに就任のウワサ!!

ブラッド・ピット-マネー・ボール
息子マドックス君を連れて、ニューヨーク・ヤンキースVSシアトル・マリナーズ試合観戦し、イチローヒッティングに拍手喝采?!ブラッド・ピットですが、自分でもメジャーリーグの野球チームをマネジメントしてみようと考えているそうです!! → 


…というのは、もちろん映画の中のお話で、「オーシャンズシリーズコンビを組んできたスティーブン・ソダーバーグ監督(↓写真)と、2003年ノンフィクション作家マイケル・ルイス出版した「マネー・ボール/奇跡のチームをつくった男」の映画化を検討しているそうです。
その「マネー・ボール/奇跡のチームをつくった男」の内容とは、邦訳本出版しているランダムハウス講談社紹介によれば…
マネー・ボール- 奇跡のチームをつくった男勝つためには一流の選手を集める、そのためには資金が必要、というのが、球界の常識。その常識をくつがえしたのが1997年35歳でオークランド・アスレチックスのGMに就任したビリー・ビーンである。彼は「無名の実力派」を「格安」で手に入れて4年連続プレーオフに進出するという、みごとな勝ちっぷりをみせた。「この貧乏メジャーリーグチームがいったいどのようにして目覚しい実績を勝ち取ったのか?ドラフトトレードでの絶妙なかけひき、まったく新しいデータ活用法戦術、さらにこの本には、アスレチックスという新天地でみちがえるように才能を開花させる選手たちの様子がくわしく描かれている。メジャー・リーグ奇跡を起こした熱血GMとはいかなる人物なのか?そして格安の年俸ながら優勝する実力をもった選手たちとは?球団経営という知られざるビジネス全貌と、魅力的な登場人物がおりなす感動的な人間ドラマ融合した一冊野球ファンだけでなく、ビジネスマンからも圧倒的賞賛を送られた全米ベストセラー!
…との買って読みたくなる興味深い内容で、ブラッド・ピット当然ビリー・ビーンを演じると思うのですが、作品により映画のスタイル変幻自在にコントロールできる器用な才人スティーブン・ソダーバーグ監督がどういった切り口から映画にしようと思うのか?!は、ちょっと予測はつかないですね。
この「マネー・ボール/奇跡のチームをつくった男」のプロジェクトが、もし本当に映画化されることになるのなら、製作スタジオソニー・ピクチャーズです。
キューバ革命闘士チェ・ゲバラ生涯を描いた2部作チェ」が日本公開中スティーヴン・ソダーバーグ監督は、予定していた絶世の美女クレオパトラ主人公3-D映画ミュージカル大作クレオ」をひとまず後回しにして、この「マネー・ボール」を先に作るつもりだそうですが、「クレオ」は必要とされる莫大な製作費に対して、いったい今時誰がクレオパトラを主人公にした絢爛豪華な歴史絵巻ミュージカルを観たいのか?!といった不評な疑問の声が上がり続けているので、もしかすると、「クレオは無くなってしまうのかもしれません?!
この「マネー・ボール/奇跡のチームをつくった男」の撮影予定など、製作情報一切合切未定。という訳で、先走り報道が多い映画メディアの最高権威 variety が伝えたニュースなので、現時点ではまぁそんなウワサもあるのか…?!程度に思っておいて頂き、また具体的な進展があれば、詳しくお伝えします
UPDATE:マネー・ボール/奇跡のチームをつくった男」の映画化は、2008年3月映画サイトCOLLIDER.Com が伝えたのが最初で、脚本を執筆しているのは、「アメリカン・ギャングスター」(2007年)のスティーヴン・ザイリアンです。
スティーヴン・ソダーバーグ-マネー・ボール
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中