シリーズ最新作「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が世界で一番早く上映されるイタリアでポスターを初公開!!

ハリー・ポッターと謎のプリンス-イタリアン・ポスター-トップ
アメリカでは昨日となる4日(水)に行われたタイム・ワーナー・グループ収支報告会で、CEOジェフ・ビュークス氏が、2001年スタート以来全作大ヒット高い人気を保ち続け、ついに第6作めまでやってきた「ハリー・ポッターシリーズお手本に、「バットマン」や、これから再開する「スーパーマン」もシリーズの長期化を目指したい…などと、う~ん…、「バットマンも7本めまで作る気なのか?!と、何だか少し無茶な感じもすることを言って、大絶賛していたタイム・ワーナー・グループの稼ぎ頭ハリー・ポッター」シリーズの最新作ハリー・ポッターと謎のプリンス」の初公開のポスターをご覧ください!!
  → 


ハリー・ポッターと謎のプリンス-イタリアン・ポスター-1
ハリー・ポッターと謎のプリンス」は7月17日(土)日米同時公開なので、早く観られてうれしいッ!!と思ってしまいますが、実はもっと早く観られる国がありました!!という訳で、日本アメリカよりも2日も早く15日(水)に封切られるイタリアで、さすがに早いぶんだけあってか?!ご覧のポスター各国に先がけ初公開されました!!
↑ のハリー・ポッターことダニエル・ラドクリフ超アップのポスターでは、メガネのレンズマイケル・ガンボンが演じるダンブルドア校長の姿反射し、写りこんでいますが、これはこの最新作ハリーとダンブルドアが密接な関係を持ち、ダンブルドア物語の中心的な人物となる映画のプロットを実にうまく表現しています。
なので、 ↓ のキャラクター・ポスターも、ハーマイオニーロンといったハリーの相棒たちを差し置いて、いきなりダンブルドア校長が登場の訳ですね。
これらのポスター全体的にかなり暗いトーンで、シリアスなイメージから、シリーズ展開がクライマックスに近づき、最新作ではヴォルデモート卿との闘いもヒートアップ内容激しさを増している感がありますが、そんな予想に反し日本映倫にあたるアメリカMPAAが決める映画の視聴制限レイティング審査で、この「ハリー・ポッターと謎のプリンス」は、シリーズの前2作(「炎のゴブレット」、「不死鳥の騎士団」)がそれぞれ“PG-13”だったのに対し、さらにゆるやかな下のランクの“PGを与えられています…
ハリー・ポッターと謎のプリンス-イタリアン・ポスター-3ハリー・ポッターと謎のプリンス-イタリアン・ポスター-2
つまりは映画の描写前2作よりも、この最新作ハリー・ポッターと謎のプリンス」は穏やかで、刺激的な要素が少ないということなのですが、これは前述のようにシリーズクライマックスに近づいていることを踏まえると、矛盾したレイティングの結果だと言えそうです。よって、子どもとは呼ばれたくない年齢以上の「ハリポタファンは、この映画ハリー・ポッターと謎のプリンス」の内容に少し疑問を持ち始めていますが、とりあえず、お父さんとお母さんは概ね安心して、小さい子どもにもこの映画を観させることができます
果たして、「ハリポタ」はガキ映画に戻ってしまったのか?!、それとも安易視覚を刺激するのではなくドラマで心に訴えかけようとしているのか?!、ともかく、ダンブルドア校長運命の展開もふくめ、シリーズ佳境の第6作ハリー・ポッターと謎のプリンス」が絶対に観逃がせない作品であることだけは間違いありません!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトは文章を丸々コピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中