ミッキー・ロークがレッスルマニアのリングから退散!!、プロレス参戦をキャンセルし、オスカー獲りのアカデミー賞1本勝負に専念!!

ミッキー・ローク
おとつい火曜日(27日)にココで伝えたヴェネチア国際映画祭グランプリ作品ザ・レスラー」の演技で、来月2月22日(日本23日)の第81回アカデミー賞では最優秀主演男優賞確実と言われているミッキー・ロークWWEプロレスに電撃参戦するというニュースですが、リングに上がるまでもなくミッキー・ローク側が試合をキャンセルし、サッサと四角いリングから退散してしまいました…ッ!! → 



4月5日テキサスで行なわれる予定のWWEレッスルマニア25で、プロレス・デビューを飾るはずだったミッキー・ロークは、 ↑ の動画のように、昨夜(アメリカ現地27日)のCNNラリー・キング・ライブ出演し、対戦相手クリス・ジェリコ選手と軽い言葉の前哨戦を交わすなどしていましたが、今日(28日の夕方)になり、ミッキー・ローク代理人のパブリシストが、ハリウッドの噂メディアサイト Defamer.Com を通じて、ミッキー・ロークプロレスには参戦しないオフィシャルにアナウンスメントしました。
ミッキー・ローク代理人のパブリシストによれば、“ミッキー・ロークWWEから大変、名誉ある申し出を頂きましたが、レッスルマニアのリングには上がらず全キャリア俳優業1本に精進するつもりです”とのことで、プロレス出場完全に否定された格好です。
最初にこのニュースを伝えた時にも書きましたが、ミッキー・ローク過去にもプロ・ボクシングに参戦し、そうしたことがキッカケ80年代に築いたスターダムの座から転げ落ちてしまいました。
そんな格闘技でつまずいたミッキー・ローク自分を二重写しにしたような「ザ・レスラー」という格闘技の人間ドラマハリウッド第1線に復活できたのは、言わば運命的な因縁の幸運ですが、そのミッキー・ローク52歳にもなって、また再びプロ格闘技のリングノコノコ上がり同じ失敗をくり返すのか…と、世間の“ミッキー・ロークプロレス参戦”への見方はかなり冷ややかなものでした。そうしたことから確実と言われていたミッキー・ロークアカデミー賞主演男優賞受賞気運一気にトーンが下がり俳優業をおろそかにするミッキー・ロークになんてオスカーをやるなッ!!といった空気が広がってしまったことで、恐らく今日の午前中などにミッキー・ロークエージェントらが説得し、プロレス参戦を思い止まらせた…ものと思われます。
プロレスの映画注目された俳優本当のプロレスに出るのも茶番なら、こうしてまた突然キャンセルしてファンを振り回すのも茶番でしょう…。
ミッキー・ローク手の中で十中八九納得されていたはずのオスカーさんですが、やっぱり自分とほぼ同じ80年の人生老人から赤ん坊への逆転で生きたベンジャミン・バトン氏の方が気になってきたかもしれません…。
ブラッド・ピットはチャンス到来ですね!!、但し、ブラピ男の夢俳優よりも土建屋!!みたいな訳のわからないことを言ってましたが…
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に映画サイトの方は文章をコピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中