リメイク版「13日の金曜日」の開き直ったようなポスターと、ジェイソンのホッケーマスクが入った怖い音の鳴るグリーティング・ボックス?!

13日の金曜日-ポスター2
血糊で“13”とだけ大きく殴り書きされたところを見ると、題名が「13」ならば、13人の男たちが命がけのロシアン・ルーレット闇賭博に挑む13/ザメッティ」のハリウッド版リメイク先行ポスターに違いないッ!!、…などと少しイジワルトボケてみたりしますが、下の方に“FEBRUARY 13”=“2月13日の金曜日と書いてあるからには、あの映画のポスターですね!!
  → 


http://media2.firstshowing.net/firstshowing/flv-embed/flvplayer.swf
↑ の動画は、よその映画サイトブログ映画ジャーナリストから、“こんな映画をホメる奴がいるとするならアレックスぐらいだね…ッ!!”などとレビューの中で書かれ屁タレとしておちょくられている FIRSTSHOWING.NETライターアレックス・ビリングトンが、自分宛てワーナー・ブラザースから送られてきた最新リメイク版13日の金曜日」のプロモーション用ノベルティ・グッズ音が鳴るサウンド・グリーティング・ボックス?!紹介してくれているものです。
箱を開けるとおなじみの13日の金曜日シリーズの効果音が鳴り、にはジェイソンのホッケーマスクのレプリカと、映画の舞台クリスタル・レイクキャンプ場の観光みやげ?ポストカードせこく1枚だけ、入っています。
ジェイソンのホッケーマスクのレプリカはさながら欲しくなりますが、わざわざ手の込んだ音の鳴るサウンド・グリーティング・ボックス?!までこさえて、それに入れて贈りつけるというワーナー・ブラザース丁寧な芸の細かさには感心するやら、少しアホらしいやら…で、ゆるさちょっとおもしろかったので観てもらおうと思いました。
この「13日の金曜日」や、あるいは映画の宣伝に限らず、何かのオリジナルのノベルティ・グッズというは気負いすぎたコジツケなどの結果、いつもそこはかとなくマヌケな空気が漂っているような気がします。貰うとうれしいよりも困ってしまうものがたまにありますよね…。
この最新リメイク版13日の金曜日」のプロデューサーは、今週末31日(土)公開の「20世紀少年 最後の希望」で再び脚光?太陽の塔を創った前衛芸術家の故岡本太郎氏の名言芸術は爆発だッ!」の教えを忠実に守り、とにかく爆破シーンを多用することで芸術的な映画作り挑戦し続けている爆発映画の巨匠マイケル・ベイ監督です。
公開は先の開き直った?!ポスター書いてあった通り、2月13日の金曜日に全世界一斉ロードショーです!!
ちなみにアレックス・ビリングトンおちょくられてるのは嫌われてるのではなくイジクられやすい天然だからのようです。ジェイソンのマスクをもらってうれしげにビデオに撮ってる辺り人の良さが窺えます。いい奴ですね!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に映画サイトの方は文章をコピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中