「ロード・オブ・ザ・リング」のプリクエール「ホビット」が、早くもイギリスの映画マガジン「エンパイア」の表紙に登場!!

ホビット-ロード・オブ・ザ・リング-エンパイア-トップ
ヘルボーイⅡ:ゴールデン・アーミー」が日本公開中ギレルモ・デル・トロ監督がメガホンをとる21世紀最初の紛れもない超巨大映画プロジェクトホビット」は、2011年から翌2012年にかけての公開予定ですが、もう映画雑誌の表紙を飾ってしまいました…ッ!! → 


ホビット-ロード・オブ・ザ・リング-エンパイア-カバー
…と言っても、「ホビット」の撮影来年2010年初頭からスタートという、およそ約1年も先なので、映画の写真などがある訳もなく、ご覧のようにイギリスの映画マガジンエンパイア最新号表紙を飾ったのはロード・オブ・ザ・リング」シリーズから拝借してきたゴラム(アンディ・サーキス)でした!!
それにしても「ホビット」は2部作の前編再来年2011年末か、あるいは2012年公開だと言うのに、そんな先の映画が表紙になって“特集”とは、いかにホビットが期待され注目されているか、その度合いの大きさがわかります。
この「ホビット」に関しては、先ごろまで行なわれていたサンダンス映画祭参加した「LOST」のチャーリーこと、元ホビットメリーを「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで演じていたドミニク・モナハンが、自分たち旅の仲間も再びホビットに出ることになるだろう…とか語っていましたが、J・R・R・トールキン原作小説ホビットの冒険」(1937年出版)に“旅の仲間”の出番そもそもなく、第一、脚本が完成していない以上キャスティングが始まるわけもないので、有名人がわんさかいる映画祭での目立とう発言判断して、お伝えしませんでした。
その代わり、「エンパイア」はキチンギレルモ・デル・トロ監督や、製作総指揮ピーター・ジャクソン(「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ監督)らにインタビューをし、超巨大映画プロジェクトホビットはどういう映画に完成するのか?!、その全貌先取り徹底検証取材!!といったようなので、こちらの方でまた何かおもしろい新情報が出てくれば、お知らせします
ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのプリクエール(前日譚)「ホビット」は、MGMニュー・ライン・シネマ(=ワーナー・ブラザース)が共同製作し、前後編あわせての製作費が約500億円超と見積もられた、撮影だけに1年以上を要する壮大な作品です。今のところ、出演がほぼ決まっているのは、 ↑ のゴラムさんと、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで魔法使いガンダルフイアン・マッケラン、そして、ヘルボーイことロン・パールマンぐらいです。
クリーチャー・デザイン監修などを「ヘルボーイ」の原作コミック作者マイク・ミニョーラがつとめることになっています。「ホビット」の中身を想像するには「ヘルボーイシリーズを観ておいた方がよいかもしれませんね
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に映画サイトの方は文章をコピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中