ダークヒーロー映画の最終兵器「ウォッチメン」がUS版の最終ポスターをリリース!!

ウォッチメン-ファイナル・ポスター-トップ
ウォッチメン裁判決着が着き、世界中予定通りに封切られることになった「ウォッチメン」を製作・配給ワーナー・ブラザースが、アメリカリリースするポスターの打ち止めとなる最終決定版を公開しました!!
  → 


ウォッチメン-ファイナル・ポスター
仲間ヒーローの謀殺事件から、巨大な陰謀が明るみに出るコミック映画大作ウォッチメン」の映画化をめぐる原告20世紀FOX被告ワーナー・ブラザース権利裁判は、20世紀FOX側相応の示談金?興行の歩合を受け取るボロ儲けで勝ちのような体裁で和解が成立しましたが、2社の真の闘いはむしろこれからかもしれません。なぜなら、「バットマン/ダークナイト」(必見リバイバル上映中)のようなゴマカシようのない歴史的大ヒット作として、映画会社様々な名目の経費を上乗せし、どんな大ヒット映画最終的な収支会計帳簿上では赤字に見せかけようとするからです…。
20世紀FOX和解合意に基づき、「ウォッチメン」の興行収益から約8.5%という高い割合の歩合を貰えるはずですが、ワーナー・ブラザースが「ウォッチメンはコケちゃったよぉ~ゴメンねぇ!!赤字の帳簿を出してきたなら、そんな取り決めにはおもしろいほど意味がありません
ワーナー・ブラザースいかなる手段を使っても大ヒット間違いなしのウォッチメンを赤字にするでしょうし、20世紀FOXは、そうさせてなるものかッ!!と「ウォッチメン」の会計ガラス張りにしようと何か努力するのでしょう。
と言っても、この「ウォッチメン」の製作費推定約1億2~3,000万ドルで、そこにこうしたポスターなどの宣伝のマーケティング経費上乗せすれば、優に2億ドルはラクラク超えていく超大作です。例え、映画館で爆発的な大々ヒットになっても、それだけではウォッチメンはおいそれと黒字にはなりそうにないですね…。
それでも多分、20世紀FOX目を光らせて観客の数を数えるに違いないダークヒーロー映画の決定版ウォッチメン」はポスターに書いてる通り、3月6日から全米公開日本ではワーナー・ブラザースではなく、共同製作パラマウント映画の作品として、3月28日(土)から全国ロードショーです。前売り券を買われると、 ↓ のようなむぎゅオマケでついていくるそうです。
ウォッチメン-前売り券-特典
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に映画サイトの方は文章をコピーしないこと!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中