ゾンビ映画の超大作「ワールド・ウォー・Z」(ゾンビ世界大戦)のお仕事にありつけた日本映画のコンセプト・アーティストのゾンビ・バトル風景!!

ゾンビ戦記-World War Z-トップ
カミさんアンジェリーナ・ジョリー来日中ブラッド・ピット棟梁をつとめる製作プロダクションプランB製作を進めているパラマウント映画超大作ゾンビ映画ワールド・ウォー・Z」(ゾンビ世界大戦)のスタッフに応募した日本映画コンセプト・アーティスト?が描いたゾンビ・バトルのグラフィックです!! → 


ゾンビ戦記-World War Z-1
ワールド・ウォー・Z」(ゾンビ世界大戦)は、「卒業」(1967年)や、「愛と喝采の日々」(1977年)などの名作で知られる大女優アン・バンクロフトと、「ヤング・フランケンシュタイン」(1974年)や、「新サイコ」(1977年)などのアホな映画で知られる大コメディアンメル・ブルックスとの間に生まれた息子で、お笑い放送作家マックス・ブルックス2003年出版した「ゾンビ・サバイバル・ガイド」という、いかにしてゾンビの攻撃をかわして助かるか?!という嘘マニュアル本ウケたのに気をよくし、それを発展させ、2006年出版した実録風フィクションゾンビ小説です。内容中国に端を発したゾンビ感染が世界に拡大し、人類とゾンビとの世界大戦が勃発した結果人類がそれなりの勝利を治め大戦は終結…、その10年後ゾンビ大戦の記録を残そうと、実際どのような出来事があったのか?!国連の調査員世界各地を聞き取りに回る…というものです。
この「ワールド・ウォー・Z」(ゾンビ世界大戦)の映画化を進めているのは、現在日本公開中の「007/慰めの報酬」のマーク・フォースター監督で、製作パラマウント映画では2010年の公開を目指しています。
ここでご覧頂いているゾンビ世界大戦らしきコンセプト・アートは、オタク系映画サイト io9.comライターメレディス・ウェルナー紹介したもので、作者ダニエル・ルヴィージさんという人です。ダニエル・ルヴィージさんは…、う~ん作品がわからないのですが、本人曰く日本で映画のコンセプト・アート2作品担当したことがある…??というで、最近では、「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」が2月7日(土)から日本公開になるアイドルアシュリー・ティスデール主演SFファンタジー映画ゼイ・ケイム・フロム・アップステアーズ(They Came from Upstairs)」(7月全米公開)のコンセプト・アートも描いたそうです。
ゾンビ戦記-World War Z-2
で、そんなダニエル・ルヴィージさんが「ワールド・ウォー・Z」(ゾンビ世界大戦)の仕事を得るために、トライアウトプレゼン用のサンプルとして描いたのが、これらのゾンビ世界大戦のコンセプト・アート?という訳です。
なので実際の映画ワールド・ウォー・Z」(ゾンビ世界大戦)とは直接の関係はありませんが、ダニエル・ルヴィージさんは明言はしないものの、「ワールド・ウォー・Z」(ゾンビ世界大戦)のコンセプト・アーティストに採用されたことをほのめかしているので、こうしたイメージ映画館のスクリーンでいずれ観られるのかもしれません。
ゾンビ戦記-World War Z-3
ダニエル・ルヴィージさんは、この「ワールド・ウォー・Z」(ゾンビ世界大戦)に就職するためのこのデジタル・スケッチコンセプト・アート朝の9時から深夜3時まで、連日1週間を費やして描き上げたそうです。
ゾンビと闘っている海兵隊のヘルメットには、原作の「ワールド・ウォー・Z」(ゾンビ世界大戦)に登場するキャラクターの名前が描かれているほか、右上ビルの屋上(↓)にはマーク・フォースター監督が観ることを意識して「007/慰めの報酬」の看板広告があがっています。登場しているゾンビたちの中には、エドガー・ライト監督のゾンビ映画の快作ショーン・オブ・ザ・デッド」(2004年)にオマージュゾンビ・キャラも描かれているそうなので、同映画のファンの方は、どのゾンビがショーン・オブ・ザ・デッドのゾンビか?!探されてみてはいかがでしょう?!
ゾンビ戦記-World War Z-4
映画コンセプト・アートというのは、あまり表に出ない存在ですが、映画製作初期の段階内容や、作品のイメージ方向づける極めて重要な役割を担っています。そうした責任の重さを考えると、キャリアの浅いダニエル・ルヴィージさんがパラマウント映画超大作ゾンビ映画ワールド・ウォー・Z」(ゾンビ世界大戦)に採用されるか?!は少し疑問もありますが、ここで紹介のグラフィックは悪くないと思います。みなさんはこのゾンビ世界大戦のコンセプト・アートを観てどう思われたでしょう…?!、しかし、それにしてもダニエルさんが担当した日本映画って何ッ?!知ってる人がいたら教えてください!!、ちなみにマーク・フォースター監督は、この「ワールド・ウォー・Z」(ゾンビ世界大戦)を、ロバート・レッドフォードダスティン・ホフマン共演し、ニクソン大統領ウォーターゲート事件を暴いた社会派映画大統領の陰謀」(1976年)のような作品にしたいそうです。なぜゾンビ感染のパンデミックが発生したのか?!その裏に隠された陰謀の謎を暴くことが主題の映画になるのかもしれませんね。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に映画サイトの方は文章をコピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中