ニール・ゲイマンのホラー・ファンタジー小説「グレイブヤード・ブック」を二ール・ジョーダン監督が映画化とは、二ールにかけたジョーダン?!

グレイブヤード・ブック-ニール・ゲイマン-1
アイドル歌手ヒラリー・ダフが、アメリカン・ニューシネマ傑作俺たちに明日はない」(1967年/アーサー・ペン監督)のリメイク映画で、フェイ・ダナウェイが演じた、あのボニー役で主演決定!!…なんて、どだいまともに観れないクソ映画しか出来上がりそうにもない話題はパスさせてもらって、もっとおもしろそうな価値のある映画ニュースをお伝えします!!→ 


グレイブヤード・ブック-ニール・ゲイマン-2ダコタ・ファニング2.0声で主演をつとめるヘンリー・セリック監督(「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」1993年)の最新作3-Dストップモーション・アニメコラライン」(2月6日全米公開)の宣伝プロモーションのため、アメリカでは今日となる27日の朝NBCトゥデイ・ショー出演したイギリス人原作者二ール・ゲイマン番組中に発表したところによれば、昨2008年秋出版した児童文学ホラー・ファンタジーグレイブヤード・ブック」の映画化が決定し、脚本・監督を「ブレイブワン」(2007年)のニール・ジョーダン監督(↓写真)がつとめるとのことです。
作家ニール・ゲイマンは、日本ではクレア・デインズ主演のファンタジー映画スターダスト」(2007年)や、「べオウルフ/呪われし勇者」(2007年)などのプロデューサー原作、または脚本を担当した程度にしか知られていませんが、欧米では大変人気の高いベストセラー作家で、数々の賞も受賞しています。
その二ール・ゲイマン近著グレイブヤード・ブック」は先ごろ、年間最も優れた№1の児童書に与えられるアメリカの権威ある児童文学賞ニューベリー賞が与えられ、ニール・ゲイマンの作品の中でも屈指の最高傑作と称されるホラー・ファンタジーです。
その題名に“ブック”とつくことから、お察しのいい人は、ハハァさては…と思ったかもしれませんが、ニール・ゲイマンの「グレイブヤード・ブック」は、イギリス文豪ラドヤード・キップリング名作ジャングル・ブック」(1894年出版)にインスパイアされ、オマージュを捧げた作品です。元ネタの「ジャングル・ブック」は、ジャングルで迷子になった少年が猛獣たちに育てられるというエピソードに代表される短編集でしたが、この「グレイブヤード・ブック」は“グレイブヤード”=“墓場”ですから、お墓にいるのは幽霊のゴーストたちですね!!
という訳で、「グレイブヤード・ブック」の主人公は、家族殺人鬼に皆殺しにされ、自分も殺されそうになったのを間一髪逃げ出して墓場に転がり込み助かった名前のない幼い男の子。そんな名無しの孤児を、長年死んでるおかげで結婚生活も今や250年めだというのに、死んでるから当然子宝には恵まれないオーウェンズ夫妻不憫に思い、“ボッド”(ボディ=肉体の略。生きてて、体がある奴という意味)と名づけ育ててくれることになります。しかし、実体のない幽霊では、ボッドの晩ゴハンのおかずを買いにスーパーマーケットに行くこともできないはず?!、けれど、そうした“現実的”なことは、生きてもなければ死んでもいない中途半端な存在実体を発揮できるサイラスが手伝いボッドの面倒を見てくれます。そして、その他にも、に入れられず無慈悲に生身で土中に埋められお墓も立ててもらえなかったことから墓石が欲しい魔女のライザや、外国人クソまずい料理を作る家庭教師のミセス・ルペスク先生といった死人たちに囲まれボッドはスクスクと成長し、お墓で迷子になった生きてる女の子スカーレットといった友だちも出来ます。でもでも、ゴーストがけして良い霊ばかりでないのはご承知の通りで、時には悪霊や怨霊も現われて…
いかがでしょう?!以上のような物語を、童話の「赤ずきんちゃん」を度の過ぎたリアルさで再現した身の毛もよだつ狼の血族」(1984年)や、「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」(1994年)といったゴシック・ホラーや、そして、「IN DREAMS/殺意の森」(1998年)などの幻想的な映画の名手二ール・ジョーダン監督が作るというのは大いに期待できそうじゃないですか?!安直なファミリー向けホラー・ファンタジー映画に、二ール・ジョーダン監督が仕上げるとは思えません。きっと一筋縄ではいかないことを考えているはずです!!、このワクワクできる「グレイブヤード・ブック映画化企画は始まったばかりで、二ール・ジョーダン監督もまだ、昨2008年6月ココでお知らせした、水の精美女オンディーヌ人間の漁師の男と暮らすことになるファンタジー映画オンディーヌ」を製作中です。よって、「グレイブヤード・ブックに着手するのはその後…ということになりますが、日本人には「ジャングル・ブック」というよりは、何となく水木しげる的世界を思わせるイギリス版墓場の鬼太郎?!みたいな注目のホラー・ファンタジー映画グレイブヤード・ブック」の企画覚えておいてください!!
二ール・ジョーダン
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に映画サイトの方は文章をコピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中