スピルバーグ監督の最新作「タンタンとなぞのユニコーン号」の撮影が本日スタート!!、タンタンはジェイミー・ベルで、007が海賊だッ!!

ジェイミー・ベル-ダニエル・クレイグ-タンタン-スピルバーグ
スティーヴン・スピルバーグ監督と、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が夢のタッグを組んだ最新作タンタン」シリーズの第1弾のタイトルが「タンタンとなぞのユニコーン号」(Tintin: The Secret of the Unicorn)と発表され、撮影がついに本日(アメリカ現地26日)、クランクインしました!! → 


スティーヴン・スピルバーグ監督とピーター・ジャクソン監督がコラボする最新作の「タンタン」シリーズは、日本でもキャラクター・グッズが人気少年新聞記者タンタン活躍を描いたベルギーの漫画家エルジェ同名人気コミック・シリーズ映画化するもので、俳優の演技モーション・キャプチャーした映像データを、3-Dアニメに置き換えた作品(「べオウルフ」みたいな感じ)として完成されます。
この「タンタン」については、その製作費1億3,000万ドル巨額なことから、当初、製作するはずだったユニバーサル・ピクチャーズが撤退し、暗礁に乗り上げてしまったのをパラマウント映画ソニー・ピクチャーズの女神が救済した経緯などを、ココココでお伝えしまた。
そうした経緯から、本来なら昨2008年10月からスタートする予定だった撮影がキャンセルされ、今日にまで開始が延びてしまったのですが、主人公タンタンを演じるトーマス・サングスター(ヒュー・グラントの親戚)がスケジュールの都合で降りてしまい、一体、誰が主演するのか?!謎だったのですが、パラマウント映画ソニー・ピクチャーズ共同で発表したプレス・リリースによれば、「リトル・ダンサー」(2000年)で注目され、最近では「ジャンパー」(2008年)などで活躍ジェイミー・ベルタンタンだとのことです!!、ジェイミー・ベル22歳起用でずいぶんとタンタンの年齢が上がったような気がしますが、トーマス・サングスター幼く見えるだけ年齢は18歳でしたから、ま、どちらも大学生にあたる年齢なので、実はそう大きくは変わっていません
そして、そのジェイミー・ベルタンタン強敵となる悪役レッド・ラッカムを、シリーズ最新作007/慰めの報酬」が現在日本公開中ジェームズ・ボンドこと、ダニエル・クレイグが演じてくれるそうです!!
ダニエル・クレイグとジェイミー・ベル共演と言えば、映画ファンの方はすぐに、来月2月14日から日本公開になる感動戦争実話を描いた「ディファイアンスと同じキャスティングじゃん!!と気づきますよね!!、「ディファイアンス」で1,200人のユダヤ人を救った勇敢なビエルスキ兄弟が、ユダヤ系のスピルバーグ監督も救ってくれました!!
そんなダニエル・クレイグが演じるレッド・ラッカムとは海賊のキャラクターで、タンタンのよき理解者となるハドック船長ユニコーン号襲撃する悪役です。迎え撃つハドック船長を演じるのは、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのゴラムこと、アンディ・サーキスです!!
スピルバーグ監督最新作タンタンとなぞのユニコーン号」の原作となる同名コミックでは、海賊レッド・ラッカムVSハドック船長海戦で、レッド・ラッカム返り討ちの劣勢となりますが、沈みかける自分の海賊船からユニコーン号に乗り移り、船上の戦いを制して、ユニコーン号を乗っ取ってしまいます。しかし、捕虜となったハドック船長隙を見て愛着のあるユニコーン号を自ら爆破してしまい、海賊レッド・ラッカムは海のもずくに…。その後、無人島に流れ着いたハドック船長沈没したユニコーン号を偲びユニコーン号レプリカの模型を3隻製作して、それぞれにレッド・ラッカムが財宝を隠した宝島への手がかりを隠しますが…
…というのが、原作物語の発端で、続篇の「レッド・ラッカムの宝」へとつながる連続ストーリーになっています。この続篇レッド・ラッカムの宝」は、映画化第2弾として、ピーター・ジャクソン監督がメガホンをとる予定で、原作通りなら海賊レッド・ラッカムの子孫が登場し、財宝の争奪戦となるはずです。
ついに全貌が見えてきたタンタンシリーズですが、うれしいサプライズはまだ他にもあって、シリーズの脚本担当はなんと、あの「ショーン・オブ・ザ・デッド」(2004年)や、「ホット・ファズ」(2007年)で大人気エドガー・ライト監督です!!、…と言っても、実際のところは、イギリスでは大人気SFドラマドクター・フー」シリーズの脚本家スティーヴン・モファットと、エドガー・ライト監督が準備中ヒーロー映画アントマン」の脚本を一緒に手がけているジョー・コーニッシュ(「ショーン・オブ・ザ・デッド」、「ホット・ファズ」に出演)の3名による共同作業なのですが、この「タンタン」シリーズには、昨年9月ココで伝えたように、「ホット・ファズ」の迷コンビサイモン・ペグニック・フロストデュポン&デュボン(又はトンプソン・ツインズ)役での出演が決定しているので、エドガー・ライト監督の個性は強く反映されそうです。なので、もし予定通りに「タンタンシリーズ第3弾まで作られることになったなら、今のところ空席の第3弾の監督のイスエドガー・ライト監督が座る可能性もあるのではないでしょうか?!、そうなれば、この「タンタンシリーズスピルバーグ監督と、ピーター・ジャクソン監督どころか、エドガー・ライト監督も加わった人気監督3人のコラボ映画というスゴイことになってしまいます!!
何だか、途端におもしろくなってきたタンタンシリーズですが、第1弾タンタンとなぞのユニコーン号」は再来年2011年公開予定なので、まだまだ待たなければなりません…。尚、アジアでの配給パラマウント映画が担当するそうなので、日本でもパラマウント映画として公開されそうです。
スティーヴン・スピルバーグ監督の最新作タンタンとなぞのユニコーン号」の撮影の様子などがわかればもちろん必ず紹介します!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に映画サイトの方は文章をコピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中