おクラ入りを救われたSFアクション映画「ミュータント・クロニクルズ」があらためて迫力の予告編をリリース!!

ミュータント・クロニクルズ-USポスター
昨2008年7月4日アメリカ独立記念日ココで紹介した、「ミスト」(2007年)などで知られるトーマス・ジェーン自分の公式サイト予告編を公開し、こんなにおもしろそうなSFアクション映画なのにどこの配給会社も買ってくれないんだッ!!みんな応援して助けてくれーッ!!と、映画ファンに呼びかけていた彼の主演作ミュータント・クロニクルズ」が、その後、マグノリア・ピクチャーズ傘下のマグネット・フィルムズ様にお買い上げ頂き、限定公開ながら、4月24日についにアメリカでも映画館デビューできることが決定し、、あらためて迫力ある新編集の予告編をリリースしたので、ご覧下さい!!、それとビリーは全然知らなかったのですが、この「ミュータント・クロニクルズ」は昨年11月にすでに日本で封切られ公開は終了してたんですね…、遅ればせながら、その時の日本版ポスターもご覧下さい!!
  → 


http://www.traileraddict.com/emd/8441
ミュータント・クロニクルズ-日本版じゃないポスター左のポスタージャンル系映画専門サイト QUIET EARTH紹介した「ミュータント・クロニクルズ」の日本公開時のポスターです。こんな漢字だらけのポスター宣伝され、「ミュータント・クロニクルズ」が日本で上映終了してたとは、気づきもしませんでした!!、…と、イジワルなツッコミをしてしまいましたが、やっぱり欧米人にはアジア諸国の違い今だまるで判ってないようです…。そんな訳で海外ではとっくに日本では公開されたと思われているミュータント・クロニクルズ」は、スウェーデンゲームメーカー発売した同名のロール・プレイング・ゲームベース映画化した作品です。
お話内容23世紀の未来世界日本のミシマを含む、たった4つの会社国家に代わり支配していた…!!前提とし、その4社枯渇し、残り少なくなった天然資源の奪い合いをする最中、地下に眠っていたミュータントたちの封印を解き目覚めさせてしまったことから、ミュータントVS人類生存を賭けた戦争が勃発する…!!という、ダーク終末的世界観の作品です。
主演前述の通り、トーマス・ジェーンで、名優ジョン・マルコヴィッチ出演している他、ヘルボーイことロン・パールマンと、プリンセス・ヌアラことアンナ・ウォルトンが「ヘルボーイⅡ:ゴールデンアーミー」(必見公開中)に引き続き共演してるのも、ジャンル系映画ファンには見逃せないところです。また、桃の天然水の資源をミュータントに奪われてたまるものかッ!!と、「DOA/デッド・オア・アライブ」(2006年)などのキュートでセクシーデヴォン青木(↓)が闘うヒロインとして活躍してくれているのも、野朗にはうれしい本作の特典です。監督SF映画作りを始めた7歳(!)の時点で、まともな人生を送れないことが決定した親不孝な映画バカ野朗イギリス人サイモン・ハンターです。昨年夏サンディエゴ・コミック・コンなどで特別上映され、ジャンル系映画マニアからは2008年のお気に入り映画にけっこう選ばれているミュータント・クロニクルズ」が、漢字ばっかりじゃない、ちゃんとひらがなやカタカナも使ったポスターや字幕リバイバル上映?されることを期待します!!
ミュータント・クロニクルズ-デヴォン青木
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に映画サイトの方は文章をコピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中