バカデミー賞が「バットマン/ダークナイト」を無視してガッカリのファンの皆さんに、脚本家ジョナサン・ノーランからのメッセージです!!

ダークナイト-オスカー-フェイク・ポスター
昨日発表された第81回アカデミー賞各賞のノミネートで、作品賞監督賞といった主な賞に「バットマン/ダークナイト」(2008年)が選ばれなかったことで、アカデミー賞はインチキだッ!!選考はデタラメだッ!!といった映画ファンからの反発の怒りの声が、この24時間いたる所で大きくあげられ渦巻いています。そうした「ダークナイト」の落選に気落ちするファンや、アカデミー賞への激しいバッシング懸念してか、「ダークナイト」の脚本家ジョナサン・ノーランが、バットマンアカデミー賞に推薦する草の根的な活動展開していたファン・サイト DARKCAMPAIGN.Comメールを送り、「ダークナイトファンへのメッセージを発信しました…!! → 


ジョナサン・ノーラン-ダークナイト
DARKCAMPAIGN.Comブレアさんが、ジョナサン・ノーラン(↑)から受け取ったメールは、件名に“サンキュー”と記されていました。ジョナサンメールの冒頭で、自分が適切かどうかはさておき、「ダークナイトのオスカー・ノミネートを支援し続けてくれた DARKCAMPAIGN.Com の皆さんにともかく感謝の言葉を伝えたいと記しています。そして、ジョナサンは、そうしたボランティアファンの草の根運動努力にも関わらず、「ダークナイト」が作品賞候補に選ばれずクリストファー・ノーラン監督も、監督賞候補にあげられなかったことで、「ダークナイトファンの皆さんは落胆しているだろうけれどヒース・レジャーや、その他のスタッフなど、一生懸命にダークナイトを作ってきた他の仲間たちがノミネートされたのはワクワクできることだよと、末端のノミネートにも注目してあげてほしいといったことを呼びかけています。また、どのような部門であれコミック映画が認められるのは素晴らしいことだと、ファンを慰めるようなコメントジョナサンは記しています。
アメリカ今日23日(金)から再び上映館数が拡大される「バットマン/ダークナイト」は(日本でも主要都市で本日24日からリバイバル)、全米約5億3,103万ドルをすでに売り上げ全世界のトータル興行収入約9億9,703万ドルにまで昇っています。それらの数字は言うまでもなく、今回、アカデミー賞の作品賞候補に選ばれた全5作現在までの売り上げをすべて足した数字を遥かに凌いでいます。そのことは端的に、アカデミー賞作品賞各候補作5本のそれぞれに関心を持っている人を足した総数よりも、「ダークナイトに関心を持っている人の方が桁違いに多いと考えることが出来ます。なので、もしアカデミー賞視聴率回復復権を果したいのであれば、「ダークナイトのノミネートは必須だったのでは?!、…と言っても、もちろん映画賞としては、どれだけヒットしようと、観客の目を楽しませるだけで中身のないウィル・スミス娯楽映画のような作品ならば賞レースに参加させることはできないでしょう。けれど、「ダークナイト」はその撮影音響といった映画技術の高さや、俳優の表現力、また、緊張の糸を緩めない演出など、どこを取っても第1級作品として高く評価できる映画であり、内容的にもジョナサンがつむぎ上げた脚本は、ジョーカーという際立った悪の象徴と、トゥーフェイスという善と悪の両方の顔を持つキャラクター上手くからめヒーローものとしての勧善懲悪ではなく、人間の魂の本質は善か?それとも悪か?といった哲学的なことまで問いかけていたと思います。今回の「ダークナイト」のアカデミー賞落選について、“それだけの映画だったんだよ…”と、熱狂的ファン過大評価にオスカーは踊らされなかった…指摘する声もあります。が、それでもなお「ダークナイトが選ばれないアカデミー賞なんてバカデミー賞だッ!!、という反発の凄まじさや、もうアカデミー賞は見ない…といった諦めの声の大きさを鑑みれば、やはり「ダークナイト」は“それだけの映画ではなかったのではないでしょうかアカデミー賞再び映画ファンからの支持と、映画賞としての権威を取り戻す絶好の機会を逃してしまったように思います。
ジョナサン先のメールの中で、アカデミー賞の残念なところとして、受賞式が一旦、始まってしまうと会場に設置されたバーは店じまいしてしまう…ということについてふれ、“今年は式の後でヤケ酒が買えるように小銭を持っていくのを忘れないようにするよ…”と、アカデミー賞に対する諦めのようなジョークも記しています。ヤケ酒が必要なアカデミー賞など、誰も見たくはありませんが、メールの最後ジョナサンは、ファンの“「ダークナイトにオスカーを!!”といった応援は実を結ばなかったけれど自分たち映画を作った側と同じだけの情熱を映画を観た人たちがダークナイト」に注いでくれたことこそが何よりも最高の出来事であって、本当に素晴らしい感動的な経験をさせてもらいました…と、あらためて、「ダークナイト」のファンへの感謝の言葉を伝えてくれています。
ダークナイト」がアカデミー賞大きな賞を獲れないのは残念ですが、ジョナサンの言うように、ジョーカーが冥土の土産のオスカー像を強奪できるよう最後までバットマンを応援してあげましょう!!アカデミー賞受賞式は来月2月22日です(日本では23日)。ちなみに脚本家ジョナサン・ノーラン最新作は「ターミネーター4/サルべーション」で、主演はもちろんバットマンクリスチャン・ベールですね!!、「T4」がポストダークナイトのような映画であればよいのですが…ッ!!日本での「T4」公開は6月13日(土)で、6日(土)、7日(土)には先行上映があります!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に映画サイトは勝手に文章をコピーしないこと!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中