シリーズ最新作「アンダーワールド・ビギンズ」から父と娘の激しい親子ゲンカの様子をご覧下さい!!

アンダーワールド-ビギンズ
シリーズ最新作アンダーワールド3/ライズ・オブ・ライカンズ」が、今週末23日(金)の全米公開に向けて、交際相手が気に入らなくて別れさせようとするお父さんと、大好きな彼との恋愛を邪魔されてブチ切れた娘との過激な親子ゲンカ動画を公開したので、ご覧ください!! → 


http://www.traileraddict.com/emd/8374
吸血鬼狼男ライカン暗黒闘争の歴史を描く「アンダーワールド」シリーズは、前2作ではケイト・ベッキンセール主演し、主に現代を舞台としていましたが、この最新作アンダーワールド3/ライズ・オブ・ライカンズ」では、過去の中世にさかのぼり、そもそもなぜ吸血鬼と狼男は争わなければならないのかッ?!という物語の始まりを描く内容となっています。
↑ の動画の中で雨に打たれながら闘っているヒロインは、「ザ・シューター/極大射程」(2007年)に出ていたローナ・ミトラが演じるソーニャです。
彼女吸血鬼一族長老ビクターの娘でありながら、奴隷である狼男のルシアンに落ちてしまい、父親の長老としての威厳を丸つぶしにしてしまいます…。当然、ふたりの仲を裂こうとする父親の長老ビクターですが、折りしも狼男のルシアン吸血鬼の支配から脱却する革命を導こうとしていた…ッ!!、というのが物語の始まりの“ビギンズ”で、本作邦題は見出しのように、アッサリと「バットマン・ビギンズ」…ではなくて、「アンダーワールド・ビギンズ」です。
ヒロインは交代しましたが、吸血鬼不死身なので、時代設定が変わってもお父さんの長老ビクター前2作に引き続き、ビル・ナイが演じています。でも、お父さんは強すぎる娘にタジタジのようですね。
シリーズのファンの方の中には、ケイト・ベッキンセールセリーンが出てこないのはつまらない!!という方もいるかもしれませんが、この最新作では第1作の「アンダーワールド」(2003年)の映像を使って、映画最初と最後にセリーンが登場し、物語全体をまとめてくれているそうです。
監督は、ゴジラをデザインすることにおいては最低のセンスしか持ち合わせていなかったパトリック・タトポロスですが、前2作のSFXなどは彼の仕事なので、この「アンダーワールドシリーズでは、まともに才能を発揮しています。
また、前2作監督で、吸血鬼セリーンのダンナレン・ワイズマンプロデューサーです。
この吸血鬼の父娘のファミリードラマ?アンダーワールド・ビギンズ」は、日本では3月14日(土)から公開です。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に映画サイトの方は文章を勝手にコピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中