トンデモ映画の巨匠ローランド・エメリッヒ監督の最新作「2012」がサマームービー・ウォーズから撤退!!、公開延期でカン違いを修正?!

2012-ローランド・エメリッヒ-ジョン・キューザック
トンデモ映画巨匠ローランド・エメリッヒ監督が、また大風呂敷を広げる予定の大予言パニック映画ボンクラ大作2012」が、予定されていた7月10日全米公開をキャンセルし、11月13日封切りに延期されることになりました!! → 


トンデモ映画2012」を製作・配給するソニー・ピクチャーズ本日(アメリカ現地20日)、発表したところによれば、7月10日夏休み映画目玉作品の1本として封切る予定だった同映画公開を、11月13日感謝祭(23日)手前に移動し、秋のラインナップの強化をはかることにしたとのことです。
これにより「2012」は、人気アニメアイスエイジ」シリーズの最新作や、ジョニー・デップクリスチャン・ベール対決するギャング映画パブリック・エネミー」、そして超強力な「ハリー・ポッターと謎のプリンス」といった他社充実したサマームービーとの衝突を避けロバート・ダウニー・Jr主演の「シャーロック・ホームズ」や、ドウェインザ・ロックジョンソンガキ映画トゥース・フェアリー」といった、一連の派手なサマームービーと比べると見劣りする作品観客を奪い合うことになります。
ローランド・エメリッヒ監督の作品は、2004年ディザスター・ムービーサイテー映画デイ・アフター・トゥモロー」が、全米約1億8,674万ドル観客から騙し取ってしまったのをピークに、昨2008年公開されたデタラメ映画紀元前1万年」では、その半分9,478万ドルしか稼げませんでした。
その「紀元前1万年」も、結局、SFXだけが売りで、何のストーリーもない映画として観客の期待を大きく裏切ったことから、すでにインターネット上公開されている最新作2012」の予告編も、またワンパターンなお決まりの特撮映像大博覧会を見せられるだけかよッ?!…として、失笑を買っています。
そうした悪評から、ソニー・ピクチャーズ説明する秋作品の強化…といった公開日変更の理由を、まともな映画ファンは信じておらず、「2012」で夏興行で惨敗することを恐れたソニー・ピクチャーズが、ライバルの少ない秋に同映画を左遷した…解釈しています。
恐らくは公開延期によりできた約3ヵ月間の余裕を使い、ソニー・ピクチャーズは「2012」の内容のカン違いにテコ入れするものと臆測されていますが、同社当初の公開日以前当然映画は完成する…説明し、内容の見直しを行なう…といったことは語っていません
先日ココで偉大なSF作家アイザック・アシモフライフワーク代表作ファウンデーション」(銀河帝国興亡史)をソニー・ピクチャーズローランド・エメリッヒ監督が映画化するという残念な墓荒らしのニュースをお伝えしましたが、この「2012」の処遇により、ソニー・ピクチャーズがどうやら冷静ローランド・エメリッヒ監督の作品はダメだ…判断する視点を持っているらしいことが映画ファンに伝わり、「ファウンデーション」の進展にも少し期待が持てるようになりました。
左遷された映画2012」は古代マヤ文明カレンダー2012年で終わっていることから、その頃に人類は滅亡するだろう…という終末的予言題材にした内容で、大災害のオンパレードサバイバルしたジョン・キューザック(↑写真)らが地球崩壊を食い止める…とかいった展開のようです。同映画日本では8月に公開予定されていましたが、やはり、秋以降上映に繰り下げられるのではないでしょうか(公式サイトなくなったし…)。でも、もうローランド・エメリッヒ監督の大ボラ人類滅亡大予言に騙される観客は少ないでしょう
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に映画サイトの方はコピーしないこと!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中