元祖ベスト・キッドのラルフ・マッチオがリメイク版「ベスト・キッド」を作るウィル・スミス親子に喝ッ!!

ベストキッド-ラルフ・マッチオ-ノリユキ・パット・モリタ
先週、ココで、モンスター・ペアレントウィル・スミス傲慢なスター力ブイブイと発揮し、自分の息子ジェイデン主演にして、1984年名作ベスト・キッド」をリメイクして台無しにする最低のプロジェクトジャッキー・チェンが巻きこまれることになってしまった…ッ!!という悲惨なニュースをお届けしました。そのについて、これまで沈黙を守ってきた元祖ベスト・キッドダニエルさんこと、ラルフ・マッチオがついに口を開き親バカに喝を入れてくれましたッ!! → 


http://media.mtvnservices.com/mgid:uma:video:mtv.com:333216
80年代に「ベスト・キッド」シリーズで日米ともに一世を風靡したアイドル・スターだったラルフ・マッチオは、1992年コメディ映画いとこのビニー」以来、出演作がロクに日本公開されず、“あの人は今どこに…ッ?!”といった印象ですが、俳優業はずっと続けており、最近では人気テレビドラマアグリー・ベティ」などにもゲスト出演しています。
そんなラルフ・マッチオは…、う~ん、昨2008年3月ココで紹介した映画なので覚えていない方も多いと思いますが、あの偉大な劇作家シェークスピア実はヴァンパイア一族と闘っていたッ?!という、ちょっと変わったインディーズホラー・コメディローゼンクランツとギルデンスターンは死なない」(Rosencrantz and Guildenstern Are Undead)にも出演しており、その映画のキャンペーンで、現在サンダンス映画祭同時開催中スラムダンス映画祭にやって来たところを、MTV映画レポーターラリー・キャロル突撃インタビューし、かつての亀田親子状態のようなブーイングを浴びているスミス親子の「ベスト・キッドリメイクについて尋ねてくれました。
その一部始終 ↑ の動画な訳ですが、ラルフ・マッチオ開口一番、「大勢の人がベスト・キッドをリメイクすることに怒り心頭で気分がいいね」と辛口な言葉から始めています。が、さすがに現在47歳ラルフ・マッチオ冷静な大人の態度で、「リメイクが失敗すればいいさッ!!なんてことは思わないけど…」と続け、世間の多くの人々が今回の件で、「E.T.」(1982年)や、「ベスト・キッド」といった“クラシック作品不必要にいじくるのはよくないと、昔の映画を愛しオリジナルへのリスペクトを表現してくれたことに感銘を受けたことを語っています。
そして、ラルフ・マッチオは、自分が演じた主人公のダニエルさんと、彼に空手を教えながら、同時に人生との向き合い方をそれとなく伝えたノリユキ・パット・モリタミヤギとの絆は、言うなれば、その時その場だけの映画のマジック”であり、そうした「ベスト・キッド」の核となる魅力はおいそれと再現できるものではない…として、唯一無二な存在のミヤギのキャラクターに匹敵する何か?スミス親子リメイクに持ち込まなければダメだろう…などとアドバイスをしてくれています。また、ラルフ・マッチオレポーターラリー・キャロルに、「ベスト・キッド」のリメイク映画オリジナルとはかけ離れたものになったとしても、その永遠不滅古典的ストーリー踏襲する限りは、人間的なメッセージ作品の背景からは必ず汲み取れることになるだろう…といったことも語っていたそうです。
結局、ラルフ・マッチオは「ベスト・キッド」のリメイクに真っ向から反対はしておらず、むしろ、リメイクの新作ができることで、自分オリジナルの「ベスト・キッドが振り返ってもらえることをよろこんでいる節もあるのかもしれません。
ベスト・キッド」のミヤギの演技…と言うよりも、その存在感だけでアカデミー賞助演男優賞にもノミネートされたノリユキ・パット・モリタさんは、2005年73歳で亡くなられました…。亡きノリユキ・パット・モリタさんとの思い出も含め、ラルフ・マッチオは「ベスト・キッド」を宝物のように思っているはずですが、同じ思いを抱いているのは彼だけではありません…スミス親子なぜバッシングを食らっているのか?!よく考えてほしいのですが、当てになるのはジャッキー・チェンが頼みですかね?!、それにしてもアメリカの「ベスト・キッド」のファンが、「ベスト・キッド」は日本人のソウル(魂)の映画なのだから中国に舞台を変えるな!!空手とカンフーは別物だ!!理解してくれているのは、少しうれしいような気がします。
最後に…映画への真剣な取り組み方意見を述べたラルフ・マッチオ今後は映画監督の方面に進みたいそうで、長編映画監督デビュー作の準備も進めているそうです。すでに2002年発表した短編映画Love Thy Brother」で、参加した映画祭監督賞や作品賞を獲っています。ウィル・スミスは「ベスト・キッドリメイク版メガホンを、元祖ダニエルさんに頼めば、もしかして嫌われなかったのでは…?!、どうせ、ハラルド・ズワルト監督(「ピンク・パンサー2」4月日本公開)でも、大した映画になりそうもないのだから…
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中