最新作のモンスター・ファンタジー映画「かいじゅうたちのいるところ」のかいじゅうたちがいるところはスケボー・ショップ?!

かいじゅうたちのいるところ-スケートボード-トップ
ココでお伝えした最新作ターミネーター4/サルべーション」(6月13日公開)のフィギュアのように、これまでオモチャ新製品情報から映画会社がひた隠す新作映画の秘密が漏れてしまう…といったことは度々ありました。しかし、問題作モンスター・ファンタジー映画かいじゅうたちのいるところ」は、その秘密のはずのかいじゅうたちの姿が思いがけないところで発見されてしまいました…ッ!! → 


かいじゅうたちのいるところ-スケートボード-1
↓の写真は、モーリス・センダック世界的ベストセラー同名絵本ワーナー・ブラザース製作費7,500万ドルを投じて映画化したモンスター・ファンタジー映画かいじゅうたちのいるところ」に登場するかいじゅうのクリーチャーフィーチャーしたスケートボード写真です。これらのスケートボード特別限定品として売り出す予定なのは、ザ・ガール・スケートボード・カンパニーです。同社共同経営者として設立したのは、BMXなどのエクストリーム・スポーツ愛好家スケートボード・ビデオ(↓)の有名な監督スパイク・ジョーンズです。
…と言えば、早い話が「かいじゅうたちのいるところ」の映画監督スパイク・ジョーンズが、映画の宣伝の情報公開先がけ自分のスケートボード会社新製品の発表で、かいじゅうのクリーチャーたちの姿を、ま、その一部ですが…明かしてしまったということですね!!
かいじゅうたちのいるところ-スケートボード-2
冒頭本作を“問題作”と書いたのは、「マルコヴィッチの穴」(1999年)や、「アダプテーション」(2002年)といった風変わりでブラックなユーモアをたたえたカルト映画監督スパイク・ジョーンズが、家族で楽しめるファンタジー映画企画したつもりだったワーナー・ブラザース予定に反し、この「かいじゅうたちがいるところ」を、子どもが泣き出す妙にリアルな映画に作ってしまい、昨秋封切りが見送られてオクラ入りとなり、内容を見直す修正作業が続けられた結果製作費がパンパンにふくれ上がってきたから…(ココココ、また、ココを参照してください)。
しかし、この「かいじゅうたちのいるところ」はファミリー向けの安っぽいファンタジー映画としては失格でも、子どもの心を正直に描いた珠玉の名作映画ではないか?として前評判は上がり続けています。
確かにスケボーに描かれたクリーチャーたちはリアルで、幼い子どもたちには少し不気味かもしれませんが、それぞれ味わい深い愛嬌のあるルックスをしてるようにも見えないでしょうか?!、“ヒーロー”という“絵空事”を真剣に取り組んで描いたバットマン/ダークナイト」(2008年)とジャンルこそ違うものの、同じ姿勢の取り組みをこの「かいじゅうたちのいるところ」に映画ファンは感じ取り期待をしています。
さて、約1年遅れ今秋10月16日全米公開される「かいじゅうたちのいるところ」は、幼児を怖がらせて泣かす同時に、大人たちの内なる子どもをも泣かすことができるのでしょうか?!、とりあえず、スケボーはひとつ欲しいです!!


【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中