カリスマ映画館アラモ・ドラフトハウスのジャンル系映画の祭典で人気を集めた不条理なバイオレンスのタイトル映像!!

ツリーベンジ
アメリカ映画マニア人気テキサスカリスマ映画館アラモ・ドラフトハウスについては、同映画館オリジナルの映画ポスターなどを過去に紹介しましたが、その他にもアラモ・ドラフトハウスは、インディーズフィルム・メーカーのために“フィルムメイキング・フレンジー”(映画作りに狂ってる奴ら…みたいな意味)というサイトを運営し、コンテストなどを行なっています。
  → 



そのフィルムメイキング・フレンジーで、毎年秋アラモ・ドラフトハウスが行なっているジャンル系映画の祭典ファンタスティック・フィルム・フェスト上映する長編映画の冒頭につける映画祭のタイトル映像となる30秒間のショートショートフィルム昨2008年は募集しました。
↑ の動画はそれらの中で最も支持を集めたカナダのジェイソン・アイセンナーさんという人が作った「通知表」(Report Card)という作品です。
クエンティン・タランティーノ監督とロバート・ロドリゲス監督が「グラインドハウス」(2007年)を発表して以来、に“グラインドハウス調”などと言われるようになった、あえてフィルムに傷をつけた古めかしさを出した演出でもって、30秒間という短い時間を活かし不条理な暴力の意味を考えさせることなく一気に観せ切ったセンスはなかなかのものだと思います。この課題では、映画祭のタイトルである“ファンタスティック”を最後に出すのが決まりですが、よくわからないままお父さんに射殺された車椅子の息子の成績が“ファンタスティックだった…というのも、“ファンタスティック”という言葉義務的に使った以上の皮肉が利いたオチとなっていて、タイトル映像の役割を離れて、これだけで独立した作品としても観ることができる感じです。
そんな才能の片鱗を覗かせたジェイソン・アイセンナーさんは、いよいよ本日(現地15日)から始まる、今や世界で最も重要な映画祭となったサンダンス・フィルム・フェスティバル国際短編部門オフィシャル・セレクション作品が選ばれ上映される名誉を得ています。それでは、その注目の短編ツリーベンジ」(TREEVENGE=ツリーのリベンジってことですね)の予告編をご覧下さい(↓)。テーマ的には、M・ナイト・シャマラン監督のサイテー映画ハプニング」(2008年)と少し似てるかもしれませんが、こちらの方がストレートにB級でオモシロそうです!!

【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中