怖すぎる洞窟ホラー映画の傑作の続篇「ディセント2」の探検に同行したカメラマンが恐怖の写真を公開!!

ディセント2-1
観てるだけで息苦しく窒息しそうな気になる洞窟ホラー映画ディセント」(2005年)の続篇ディセント2」のプロモーション・フォト撮影した写真家オリー・アプトン自身のサイトで、恐怖の洞窟探検写真を公開してくれました!!、おぞましい地底人の姿をカメラに収めることにも成功しています!! → 


ディセント2-2
ケイビングと呼ばれるスポーツとしての洞窟探検に出かけた女性ばかりの6人グループが、未知の洞窟に迷い込み恐ろしい目に遭遇する「ディセント」は、洞窟という絶対絶命の舞台設定の妙もさながら、ストーリーが進展するにつれ、互いが疑心暗鬼に落ち入り、本当なら協力し合わないといけないはずが、ともすると不気味な謎のクリーチャーより、仲間の方が恐ろしくなる…という心理サスペンスとしても最上級の作品でした。
ディセント2-3
そんな「ディセント」をご覧になった方は、続篇と聞けば、まずそんなの無理じゃん!!と思いますよね?!、これはネタバレになってしまうのですが、「ディセント」は公開された国により結末が違っていて日本版最も容赦のない最悪の結末全員死亡…を示して終わっています。
しかしながら、欧米のバージョンでは日本版に付いている恐怖のオチがなく、主人公的な存在サラ(シャウナ・マクドナルド)は洞窟脱出に成功しているので、物語が続けられる…という訳です。
ディセント2-4
この続篇では、そんなせっかく助かったサラが、地底人に襲われてみんな死んだ…警察などに説明しても当然信じてもらえるはずがなく、むしろ全身に返り血を浴びている彼女は、ひとりで生還した事情を疑われてしまいます。そして真相の解明と、すでに死んでいるメンバーを洞窟から救出するという名目でレスキュー・チームが結成され、サラは案内役として、あの恐怖の洞窟にまた連れ戻されるハメに…という、サラの身になれば、想像するだけで恐ろしい展開ですね。で、その後はもちろん、洞窟で ↓ こういった方々のお出迎えを受けて、みんなサラの言うことを信じておけばよかった…ッ!!となるのは言うまでもありません
ディセント2-5
オリジナル第1作洞窟が舞台だけに、まさに先の見えない映画としてハラハラさせてくれたのですが、洞窟で何が待ちうけているか?!など、すでに映画のタイプネタが割れてしまっているので、続篇はそこにどのような新しい要素を持ち込み、追加しているのか?!注目の見どころです。
そんな荷の重い役初監督で挑戦したのは、前作はもちろんのこと、「スナッチ」(2000年)や、「レイヤー・ケーキ」(2004年)などのフィルムをつないできたベテランの編集マンジョン・ハリスです。この監督デビュー作も当然、自分で編集しています。
ディセント2-6
ディセント2-7
最新作ディセント2」は本国のイギリスで5月15日から公開予定。今のところ、アメリカ日本での公開は未定となっていますが、いずれ、やって来るのは間違いないですね。ココに経済ニュースで取り上げられた本作の動画がちょっとだけあるのでご覧下さい
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中