第20回全米製作者協会賞候補作に「ダークナイト」が選ばれたッ!!、アカデミー賞に向けバットマンが大きな跳躍!!

ダークナイト-ジョーカー
映画テレビ製作者のほか、オンライン・メディアプロデューサーなども加盟する業界団体全米製作者協会(Producers Guild of America)が、2008年優秀な映画に贈る第20回全米製作者協会賞候補に、「バットマン/ダークナイトをノミネートしました!! → 


全米製作者協会本日(現地5日)、発表した第20回全米製作者協会賞
(以下、PGA賞)の候補作は以下の通りです。
ベンジャミン・バトン/数奇な人生
ダークナイト
フロスト/ニクソン
ミルク
スラムドッグ・ミリオネア
このPGA賞は、同協会に加盟する映画プロデューサーが、概ね同時にアカデミー賞を選考する映画芸術科学アカデミー会員であることから、本賞はまさにアカデミー賞の前哨戦としてオスカーの作品賞の行方を示す指標となっています。過去19回PGA賞の選考で選ばれた作品が、オスカーの作品賞を逃したのは7回しかなく、昨年アカデミー賞作品賞を得たコーエン兄弟監督の「ノーカントリー」(2007年)も、この全米製作者協会賞を受賞しています。
ということは、すなわち、このPGA賞のノミネート作品がそのままアカデミー賞の作品賞候補横滑りする可能性が非常に高い訳です。
よって、ここで晴れてダークナイトが候補作に選ばれたというのは、いかに作品の内容が良く映画ファンから絶大な支持を集めようと、しょせんコミック・ヒーロー映画が名画としてオスカーの作品賞にまでからむのは無理ではないか?!といった偏見の疑問符をバットマンが吹き飛ばしたことを証明しています!!
この全米製作者協会賞注目の発表は、今月1月24日(土)にハリウッドパラディウム・シアターで行なわれますが…、う~ん、前言を翻すようですが、実はここでダークナイトに作品賞を獲られるのは少し微妙な感もあり、むしろ敗北した方がいい兆候の場合もあります。それは2004年から2006年にかけて、PGA賞とオスカーの作品賞以下のように食い違っているからです。
2004年 PGA賞「アビエイター」/アカデミー賞「ミリオンダラー・ベイビー
2005年 PGA賞「ブロークバック・マウンテン」/アカデミー賞「クラッシュ
2006年 PGA賞「リトル・ミス・サンシャイン」/アカデミー賞「ディパーテッド
このような結果から、ほぼ同じ人たちが選考することで、本来は同じ作品が選ばれてもおかしくない2つの賞の関係性から推して、先にPGA賞が発表されることでアカデミー賞がサプライズを失ったり、また、それぞれの賞の独自性や、面白みを維持するなどのため、近年甲乙つけがたい同年度の作品を、それぞれの賞に振り分けている節を察することができます。
それで、どちらかと言うと賞が一般的でないぶん玄人ウケする映画が選ばれてるようなPGA賞だけに、24日(土)は「ダークナイト」は賞を逃した方が後に大々的に良い結果が出るかも…となる訳です。
果して、仮面のヒーローPGA賞とオスカーのどちらかを受賞するのか…ッ!!、それとも他の作品が賞をかっさらうのか?!今後の賞レースを予想しておいてくださいッ!!
ダークナイト-バットマン
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中