最新作「ターミネーター4 / サルべーション」の、お年玉で買いたいとは思わない不出来なうえに、ネタバレまでしてるフィギュアの写真!!

ターミネーター4-フィギュア-1
Toynewsi.com がリリースした“プレイメイツ・トイズ”から発売予定のシリーズ最新作ターミネーター4/サルべーション」のアクション・フィギュア写真です。むき身のターミネーターたちに囲まれている人間キャラは誰あろう、スカイネット軍団と闘うレジスタンスリーダーである主人公ジョン・コナーらしいのですが、…てことは、こいつはクリスチャン・べールのフィギュア?な訳で…、まるで似ていません…ターミネーターたちもチャチな作りで、あまり購買意欲をそそってくれていないのですが、このプレイメイツの「ターミネーター4シリーズは、まぁ、幼い子どもが闘わせて遊ぶオモチャ…ということなんでしょうね。じゃあ、そんな今イチのフィギュア写真なぜ紹介しているのか?!というと、昨2008年の「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」もそうだったように、またオモチャから映画の内容がネタバレしているからです…ッ!!、ネタバレのフィギュア写真続きを読むの後に隠しているので、映画本編観る前に予備知識を多く持ちたくないという方は、ここまでにしておいてください!! → 


ターミネーター4-フィギュア-2
さて、ネタバレ問題フィギュアとは、また顔が全然似ていないのでピンとこないのですが、 ↑ の写真では右端 ↓ の写真では左から2体めにいるサム・ワーシントン演じるマーカス・ライトフィギュアがそうです
これをネタバレと言っても、まぁ、予告編の中で、すでにクリスチャン・ベールが「お前たちとは俺が生れる前から闘ってきた…ッ!!」とか言っているので、公然の秘密のようなものですが、マーカス・ライトはサイボーグ?のターミネーターです。そのマーカス映画の途中で、恐らくフィギュアのような格好で自分の正体をさらすことになるのが、これらの写真からわかってしまいました!!、また、マーカス水陸両用ターミネーターハイドロボット手に捕まえて闘っているような様子から、映画の中ハイドロボットVSマーカスの対決があることは間違いなさそうで、そこからマーカス実はターミネーターとは言え、けして完全に敵ではなさそうだ…ということも推測されます。
この「ターミネーター4/サルべーション」では、ストーリーのカギとなる実質的な主人公はマーカスであって、「5以降からクリスチャン・べールのジョン・コナーが本格的に活躍する…ウワサされています。なので本当はできればマーカスの正体などの情報は伏せておく方がよいのですが、映画会社がせっかく秘密にしておいても、こうしてオモチャ会社の宣伝でバレていってしまいます…映画とオモチャのどっちが大事なのか?!、ちょっと複雑な思いがよぎってしまいますね
ターミネーター4-フィギュア-3
この“プレイメイツ・トイズ”の「ターミネーター4フィギュアは、キャラクター組み合わせにもよりますが、6体セット68ドル94セント10体セット97ドル96セントという正価がつけられているので、だいたい1体あたり約10ドル(950円)ぐらいといったところでしょうか。お手頃なお値段ではありますが、出来栄えが今イチなので、高い気もしてしまいますね
マーカスは一体どんな存在なのか?!新たな物語の幕開けとなるオチの謎が楽しみなターミネーター4/サルべーション」は、6月6日(土) / 7日(日)先行上映の後、13日(土)から本格的に封切りです。
ちなみに邦題には「サルべーションがついていませんが、サルべーションが単に“救い”や“救済の意味なのか?、それとも“救世主出現の予告なのか?、その意味の解釈映画を期待させるキーワードになっているので、実はカンタンにはハズすことができず、このブログではしつこく「ターミネーター4/サルべーション」と書き続けています。
果して、“救世主”とは普通にクリスチャン・ベールのことなのか?、あるいは正体はターミネーターのサム・ワーシントンがそうなのか?、それとも別の救世主がラストで現われるのか?!、という謎かけですね。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中