ヴィン・ディーゼル主演復帰の「ワイルドスピード4」の初公開ポスターと、公開日変更の事情…ッ!!

ワイルドスピード4-トップ
ヴィン・ディーゼルポール・ウォーカーオリジナルシリーズ第1作(2001年)以来、再びコンビを組んで主演に復帰した最新作ワイルドスピード4」がポスターを初公開したので、ご覧下さい!! → 


ワイルドスピード4-ポスター
MTVがご覧のポスターを独占公開した最新作ワイルドスピード4」は予定していた当初全米公開日2009年6月12日から、4月3日封切りへと約2ヵ月ほど早められました6月公開と言えば、「トランスフォーマー2」や、「スタートレック」といった話題作が対決するサマームービー激戦の最中なので、そこから抜け出し、フライング気味中途半端な4月に公開というのは、「ワイルドスピード4」が映画の格付けを下げられた印象を与えてしまっています。
しかしながら、本作製作・配給ユニバーサル映画は、ベニチオ・デル・トロ主演の「ザ・ウルフマン/狼男」(監督ジョー・ジョンストン)が予定されていた2009年4月公開では、SFXの仕上げが充分に完成できないため、同映画同年11月に先送りした結果として、穴埋めに「ワイルドスピード4」を前倒ししたと説明しています。つまり、映画の出来栄えを判断しての公開日変更ではないんですよということですが、主演ヴィン・ディーゼルは今年8月アメリカで封切られた20世紀FOXサマームービーSF映画バビロン A.D.」を木っ端微塵に大破させ、自身のネームバリューだけでは集客を計れないことを示してしまいました。そうしたことも多少は「ワイルドスピード4」の公開日変更に影響してるような気もするのですが、カーアクションの映画は、今夏の「スピードレーサー」以来、「デスレース」、「トランスポーター3」と、次々にクラッシュしています…。クルマ離れの社会加速化する傾向の中で、クルマの映画もウケなくなってきている感じですが、「ワイルドスピード4」がどのように迎えられ結果を出すのか?!期待ですね。
ポスターに「ニューモデルオリジナルパーツ」と書かれてあるように、本作主演の2人だけでなく、ミシェル・ロドリゲスジョーダナ・ブリュースターといったオリジナルパーツも復帰し、ファンをよろこばせていますが、それぞれ「ワイルドスピード」の第1作以来大きなヒット作は無い人たちですよね?!とも言われそうなのが痛いところです。
監督は、シリーズ前作ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」(2006年)に引き続き、ジャスティン・リンです。ココに予告編があるので、ご覧下さい
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中